佐藤昭子とは?田中角栄の秘書で愛人だった?

「一番だけが知っている」にて放送される田中角栄の元秘書で愛人の佐藤昭子とは一体?

田中角栄との出会いや愛人になったキッカケなどを紹介したいと思います。

なぜ政治家でありながらこのような関係になってしまったのか?

のちに田中角栄総理は辞任せざるを得ない状況なったが佐藤昭子との関係はその後どうだったのか?

 

など実際には二人にしか分からない過去が沢山あるように思います。

そんな佐藤昭子と田中角栄元総理の関係について紹介したいと思います。

佐藤昭子とはどんな人なのか?

 

プロフィール▼
  • 名前 佐藤 昭(旧名)昭子
  • 生年月日 1928年8月5日、新潟県(現・柏崎市)で誕生
  • 身長 157cm
  • バスト 97cm
  • ウエスト 58cm
  • ヒップ 95cm
  • 兄弟 6人兄弟の末っ子
  • 小学校 枇杷島小学校
  • 高校 新潟県立柏崎高等女学校
  • 専門学校 東京女子専門学校(現・東京家政大学)

小学3年生の時にはそろばん1級を取得しており.数学や習字,体育が得意だったそうです。

陸上での成績は学年で選ばれる程の実力が当時あったそうです。

将来は得意科目の数学の先生を目指していたようです。

とてもナイスバディーだったようですよ。

 

田中角栄との出会いは?

早速ですが田中角栄元総理との出会いについて紹介したいと思います。

なぜ?どのような形で出会う事になったのか?

 

田中角栄元総理との出会いから秘書になるまで

東京女子専門学校(現・東京家政大学)に進学するが中退してしまう。

世界の情勢が悪化してしまったからだ。

その後・・

1946年頃に選挙活動をしていた田中角栄と初めて出会い一緒に選挙活動をしたのだ。

佐藤昭子さんは田中角栄の応援演説をした男性と結婚・離婚、息子の出産と経験をするのだ。

 

佐藤昭子は飲み屋勤務をしていたが、1952年に田中角栄の秘書となる。

最初の出会いから約6年の間に男性との結婚や出産,田中角栄の秘書となったのだ。

その後二度目の結婚と離婚を経験しています・・・

 

田中角栄との愛人関係のその後・・・

秘書の仕事をしながら田中角栄との愛人関係を続けていたが天罰が下ってします。

それは雑誌「文藝春秋」1974年児玉隆也さんが書いたルポ「淋しき越山会の女王」という雑誌だ。

これが大きく世に広まってしまう事になる。

佐藤昭子はこれをキッカケに参考人として呼ばれたのだ。

佐藤昭子は当時こんなコメントをしている。

 

「私は気が小さくて、それに記憶力がいいから全部しゃべっちゃうわ」

 

その後田中角栄は病気などする事になり佐藤昭子との関係は途絶えた・・・

 

田中角栄と佐藤昭子の子供は?

実際は田中角栄と佐藤昭子さんの間には隠し子?のような子供がいました。

1957年頃、佐藤昭子さんが二回目の離婚した直後ぐらいでは?

田中角栄が実の父親で名前は佐藤敦子さんといいます。

そんな佐藤敦子さん(娘)が「一番だけが知っている」にて田中角栄が直筆で書いたラブレターを公開するそうです。

果たしどんな内容なのかぁ?

情報が入り次第追加致します。

 

田中角栄との関係を自身で本を出版している

  • 『私の田中角栄日記』(1994年12月)
  • 『決定版 私の田中角栄日記』(2001年3月)
  • 『田中角栄 私が最後に、伝えたいこと』(2005年12月)

 

「私の田中角栄日記」を二回に別けて出版しているようです。

やはり本人達にしか知らない秘密がたくさんあるんですね。

私自信も「私の田中角栄日記」を読んだ事がありますが,感動する場面もありました。

佐藤昭子とは?まとめ

佐藤昭子さんについて紹介しました。

田中角栄と出会っていなければ本人自身の生活はまた違った未来があったかもしれないですね?

 

ただ,田中角栄と共に時代を生き抜いた側近の女性に相応しかったのではないでしょうか?

 

とてもいい話しもあり感動する場面もありました。

是非本を購入して見てみてはいかがでしょうか?

 

最後までご覧頂きありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。