正月花をアレンジ簡単おしゃれにする方法!

お正月飾りはどんな飾りをしているでしょうか?花飾りって自分でやるのは難しいと思われている方もいるのではないでしょうか?

またちょっとした飾りで正月らしさを引き立つ事が出来るならぜひやってみようと思って頂けるのではないでしょうか?

そんな皆様に花をアレンジする事で簡単でおしゃれな正月飾りを紹介していきたいと思います。

正月飾りの意味と種類について

そもそも正月飾りと聞いてイメージがなかなか沸かない方へ正月飾りに関する基礎的な事を紹介していきます。

ぜひ松や花や飾りについて基本的な事を知ってもらいレベルアップをして好みのアレンジに繋げて頂けたらと思います。

正月飾りの意味は?

母国では一つの歴史が長い風習だが,実際に意味などはあるのでしょうか?知っている方も知らない方も改めて正月飾りの意味について紹介します。

意味としては歳神様を住む場所に迎えるための風習です。時期としては江戸時代の頃から伝わります。

飾り付けをする場合は12月13日以降の29日と大晦日は避けて飾るといいと言われます。期間としては1月15日の松の内の終わる日までとなり、近年では1月7日で飾り付けを取る人が多いようです。

正月飾りの定番は?

松、千両、菊が切り花として使用する場合はこの3つが定番になります。

一つ一つ解説していきたいと思います。

松について

種類は日本では約8種類と言われています。

  • アカマツ
  • ゴヨウマツ
  • アカマツ
  • チョウセンゴヨウ
  • カラマツ
  • エゾマツ
  • アカエゾマツ
  • トドマツ

海外にも松はたくさんありますが定番はアカマツやゴヨウマツを飾りに入れる方が多いように思います。

千両について

センリョウ科の一種の千両は気候のいい(暖かい)山に生息します。

高さは約70cm程で葉は万両にも類似していてトゲトゲしているのが特徴です。

万両とは違って実の出来方が違い纏って赤い実がなります。

万両や南天なども同じ赤い実のなる植物です。

上方に実がなるのが千両で下方に実がなるのが万両です。似ているので間違えないで下さいね。

菊について

産地は中国で約2000年前から薬や食専用に作れてきました。日本に広まったのは9世紀頃で平安時代から見て楽しむ花として作られるようになった。

  • 古典菊は江戸菊、美濃菊、肥後菊、伊勢菊・松坂菊など
  • 和菊は大菊、中菊、小菊など
  • 洋菊はスプレー菊、ピンポン菊など
  • 食用菊は延命楽、阿房宮

菊の種類は多数あり、色も現在では赤、ピンク、オレンジ、柴、緑など多数の色があります。

また生命力があり花が咲いている期間が長いのが特徴で海外でもとても評判がいいです。

予算はどのぐらいかかる?

切花として松二本で1000円~2000円で販売しています。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/正月飾り+松/

楽天

千両の価格は5株セットで1500円~2000円です。

菊は白色で70cmから10本で国産品が2400円程度です。

予算を合計すると5000円~6000円で一つの正月飾りができますね。

結構なボリュームも出ますし買うよりは安価にできると思います。

また,100均の材料でもアレンジ可能です。好きな花瓶や飾りを入れて自分なりのデザインに仕上げるのも予算を削るにはいい方法かと思います。

通常ネットなどから購入だと…・・

3,000円~10,000円の予算を見て頂けらネットなどで購入も可能です。

自分でやってみる方やそのまんま購入される方どちらでも正月飾りとして雰囲気の出る飾りになるのではないでしょうか?

アレンジの方法とおすすめ

それではアレンジの仕方やポイントそれからおすすめの方法などを紹介してきたいと思います。

言ってしまえば組み合わせは人それぞれの個性が出る部分になるのでデザインは参考程度に見て頂ければと思います。

飾りの流れとポイントについて

生け花やフラワーアレンジメントなどを習うまでしてやりたくないけど自分でやってみるのにはどうしたらいいのか?なんの手法もなく出来ないと思われるかもしれないですが実際には楽しむ事が大事でセンスや個性はその次という思いでやってみるのがいいと思います。

これだけは覚えておくとスムーズに飾れるポイントを紹介します。

①枝物を選定する。

②花物を選定する。

③根本を絞める物を選定する。

この流れが基本になります。

お花屋さんでは全部売入って売られている物もあります。

例えば若松1本、千両1本、黄菊3本、銀柳1本など。この材料で2000円弱というとこでしょうか。

飾り方の基本は三角を意識して飾るという事です。花の配置は大きな花は真ん中付近に置き目立つようにし,3本の菊の花などを使い段差を付けながら飾るのがポイントです。松は一番後ろの配置でいいと思います。

おしゃれな正月飾り

実際におしゃれなデザインの正月飾りを見てみましょう。

①松が協調されたおしゃれな飾り

出典 Tumbler &FLOWERS

②こんな華やかさが合ったらいい一年になる事間違えないですね。

出典 ベルーナグルメ

③バランスが取れ華やかさも素晴らしいですね。

出典 hanayoshi

④超おしゃれ!可愛らしくコンパクトなデザイン

出典 北陸「道の駅」

⑤白の花瓶にスッポリまとまったシンプルな飾り

出典 antenna


参考になる作り方動画はこちら↓

https://youtu.be/R6aL0XWbi8c

youtube


上級者レベルになると・・・

まずは花瓶に拘る。なぜか?生花は息があるためそれなりの花瓶などに生ける事で植物も元気にいてくれるからです。

生ける際は必ず刺す根本の葉は落とす事が重要です。水を十分補給できるからです。枝の切り口は斜めに切る事で刺さりやすくなります。

三角形になるように生けるのは基本ですが上級者でも同じです。花や枝の本数はその時の植物の状態と気にして生けるというのが初心者の私でも分からない上級者の発想だと感じます。

正月飾り花おしゃれで簡単まとめ

正月飾りを自分でチャレンジしてみようと思われましたか?

生ける為の心得としては植物も生きているため、生ける際は心の中で思いながらやると元気な顔をしてくれます。決して枯れちゃったらどうしよう?とか不安な気持ちは持たず生けてみましょう。

植物を生けていると楽しくできるので時間のある際に一度やってみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。