四季島料金1人あたりはいくら?最低料金も調査!

2017年5月よりスタートした「四季島」

豪華寝台列車として多くの方々が利用されており,皆様満足しているようです。

そこで今回は四季島の料金1あたりはいくらなのか?また最低料金についていろいろと調べてみましたので参考程度にご覧頂ければ幸いです。

2020年四季島運転日の申し込みも始まり,東京オリンピックと重なる年で募集人数は少なくなるのでしょうか?

また,値段については高いイメージを持たれている方も多いと思いますが最低料金には驚きでした。

四季島のチケットは随時抽選のようで,大変人気で倍率も高いようなので,当たれば本当にラッキーって感じですね。

では実際に料金などについて見ていきましょう。

四季島料金1人あたりはいくら?

2017年5月1日より運行が始まった「TRAIN SUITE 四季島」ですが,関東・東北・青函トンネル・北海道を走る豪華観光列車として日々お客様をもてなしております。

外観,内装,設備,は高級ホテルのようです。

開発費はなんと・・・約100億円

では実際に四季島の料金はいくらするのか?をまずは見ていきましょう。

料金1人あたりはいくら?

仕様は定員34名で1室2名までとなっております。

車両は10両編成で先頭と1両目と10両目は4面ガラス張りで外の風景を楽しむ事ができます。

6両目にはラウンジ車やダイニングが設備されております。

タイプは3つに別れております。それぞれの1人あたりの料金について紹介したいと思います。

四季島スイート:メゾネットタイプ(定員2名×1部屋)約20㎡

2018年度4~6月期(3泊4日) 145万5千円
2018年度4~6月期(1泊2日) 67万5千円

デラックススイート:フラットタイプ(定員2名×1部屋)約14㎡

2018年度4~6月期(3泊4日) 135万円
2018年度4~6月期(1泊2日) 60万円

スイート(定員2名×15部屋)約10㎡

2018年度4~6月期(3泊4日) 112万~115万5千円
2018年度4~6月期(1泊2日) 48万円

その他の料金や最新のコース料金は情報が入り次第追記致します。

最低料金はいくら?

「TRAIN SUITE 四季島」の一般的なコースの紹介をさせて頂きましたが,もっと安いプランはあるのか?

最低料金についての紹介をさせて頂きます。

1泊2日料金が最安値

四季島スイート(メゾネットタイプ)

2名1室|¥450,000
1名1室|¥675,000

デラックススイート(フラットタイプ)

2名1室|¥400,000
1名1室|¥600,000

スイート

2名1室|¥320,000
1名1室|¥480,000

1泊2日で2名一室のスイートの料金が今ところ最安値のようです。

今後はもう少し安価になる事を期待したいと思います。

申し込みと出発までの流れ

申し込みから出発までの流れはどうなのか?

実際には全て抽選になります。

抽選の倍率については様々で通常の申し込みの何10倍にもなる事もあるようです。

実際の申し込みの流れについて紹介していきたいと思います。

申し込み方法

申し込みは約8カ月から11カ月前に募集が開始します。

まずは希望する出発予定日とコースを決め,「TRAIN SUITE 四季島」のホームページやパンフレットに同封されている申し込み用紙での申し込みができます。

この時に募集定員よりも応募が多数あると抽選による選考となり後日当選された方に連絡が来る仕組みになっております。

当選した人の手続きについて

当選された方は約4カ月から5カ月前に申し込みコースの代金の請求書とその他の案内状が送付されてきます。

出発までの打ち合わせ

お伺い書という物から現地プランやお客様の希望,健康状況,食事(アレルギー)等のヒヤリングがあります。

場所は「GALERIE 四季島」や電話での対応になるようです。

送金タイミングと最終工程表の確認

送金期限は出発の2ヵ月前までに現金を支払うようです。

最終工程表は集合場所・時間・行程・列車内の説明資料が手元に届きますので確認して体調を整えておきましょう。

その後,トレインクルーよりご挨拶の電話もあるようです。

出発当日

出発当時は上野駅にある「PROLOGUE 四季島」に集合時間までに集まりいよいよ旅の始まりです。

大きな荷物などは予め「TRAIN SUITE 四季島」に宅配サービスを使う事が出来るので手荷物程度で集合できますよ。

気遣いが素晴らしいですね。

四季島料金1人あたりはいくら?最低料金も調査!まとめ

いかがでしたでしょうか?

料金は計画的に積み立てをすれば贅沢な旅の思い出が必ず残ると思いますので是非参考にしてみてください。

私も必ず乗って旅行に行く計画を立ててみます。

外観,内装,設備がとにかく高級感漂う特別な電車になっていますので見るだけではなく実際に乗ってみましょう。

最低料金の金額ならなんかいけそうと思った方は是非抽選の権利だけでもしてみて下さいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。