「しこあそび」貴乃花の新事業!六本木に出現!

貴乃花が新事業として手がける「しこあそび」とは?

最近では絵本作家になると言われていましたが、やはり自分の好きな日本の伝統ある相撲を世に広めたいという気持ちから今後は「しこあそび」という新事業を広めていくそうです。

 

場所は六本木にあるようで、子供達と一緒にしこあそびをして相撲を伝えたいという事です。

では実際の「しこあそび」について紹介したいと思います。

「しこあそび」とは?

何かと話題の貴乃花さんですが,相撲協会や親方から離れてメディアでの出演が多く見られるようになりました。

そんな貴乃花はこれからどのような事を考えているのか?

実は絵本作家になると言っておりましたがそのような事はないようです。

 

では?現在の活動というと「しこあそび」という企画や演出を行っているそうです。

しこおそびと聞いて知らない方も多いと思います。

まずは「しこあそび」について紹介したいと思います。

「しこあそび」について

上記のように貴乃花さんは子供達と一緒に「しこあそび」をされています。

相撲のイベントとして「遊びながら真剣に鍛えてくれたら」と、本物の土俵の上で少年・少女と交流をするのが目的のようです。

 

しこあそびの流れ

  • しこの踏み方を覚える
  • 実際に取り組みを行う
  • 束になって押し寄せる子どもたちを貴乃花が受け止める。
  • 最後は子どもたちが押し出しをする

動画でも分かるように子供達は元気いっぱいしこあそびをしている。

子供達は貴乃花が「凄く強かった」と語っている。

しこあそびが終わると貴乃花が自ら作った特製ちゃんこを振る舞う

 

元気いっぱいに子供とそれを見つめる親たちが一緒に楽しめるイベントのようです。

東京六本木に土俵がある?

引用元 Instagram

本当に東京六本木に土俵があるのか?

実は六本木ヒルズの目の前に土俵がありました。

ではどんな土俵なのか?見ていきたいと思います。

六本木ヒルズアリーナ前に土俵出現

六本木ヒルズアリーナ前に土俵を作る為にダンプ何台もの土を入れ本格的な土俵を作ったみたいです。

 

今後も貴乃花は各地域に土俵を作り「しこあそび」を通して相撲を好きになってもらう活動をして行くそうです。

 

相撲後はちゃんこを振る舞う

子供達と「しこあそび」や相撲を楽しんだ後は貴乃花さんが自ら仕込んだ特製ちゃんこを振る舞うようです。

一杯一杯、貴乃花さんが手渡しで会場に訪れた人々に振る舞いました。

引用元 Instagram

貴乃花さん特製のちゃんこ鍋食べたいですねー。

絶対美味しいでしょうね。

近くの地域で「しこあそび」の開催があれば子供と参加してみたいと思います。

今後の展開や世間の反応は?

新事業は保育事業を運営する会社とタッグを組み

「しこあそび」を展開していくそうです。

では今後の展開や世間の反応を紹介できればと思います。

 

新事業の展開

一時は絵本作家になるという意思も見せましたが、

実際は4月4日に放送された直撃!シンソウ坂上 2時間SPにて新事業「しこあそび」を展開していくと話していました。

 

企画内容は保育事業を運営する会社と組み「しこあそび」を展開する。

子供達が裸足で土俵にあがり、四股(しこ)を踏んで心と身体を鍛える遊び。

「しこあそび」後の相撲は、子供同士が相撲を取るのではなく、元横綱の貴乃花氏に身体をぶつけた。

ケガを心配する保護者に配慮して考案したものだった。

世界的にも「しこあそび」を世に広めたい野望?があるのでしょうか?

 

世間の反応

女性にも効果的のようです。

 

「しこあそび」というワードがいろいろな意味に聞こえるようですね。

「しこあそび」貴乃花の新事業!六本木に出現!まとめ

引用元 Instagram

いかかでしたでしょうか?

元力士,親方として活躍された貴乃花さんから直接相撲を知る事ができるのはとても貴重な経験になるのではないでしょうか?

 

また相撲協会にいる時には出来なかった事を今後は様々な視点で貴乃花さんらしく展開していくのではないでしょうか?

とても楽しみです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。