ロシア旅客機が機体炎上理由や動画は?日本人はいる?

ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港にて機体が炎上?

そんな事故は炎上しながら緊急着陸するとても恐ろしい事故になってしまいました。

乗客の安否はどうなのか?炎上した理由は?動画は?日本人はいるのか?

その理由についてお伝えして行きたいと思います。

ロシア旅客機が炎上?動画

ロシア旅客機がなぜ炎に包まれてしまったのか?

まずは動画をご覧下さい。

2019年5月5日にロシア首都モスクワのシェレメチェボ空港にて機体が炎上する事故がありました。

ロシアの国内線の旅客機アエロフロート1492便

「スホイ・スーパージェット100」という機体のようです。

旅客機に搭乗していた人数は約70人以上が乗客していたようです。

経路はモスクワからロシア北部のムルマンスクへ飛行中の出来事のようです。

ニュース記事はこちら

【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港で5日夕(日本時間6日未明)、アエロフロート航空の旅客機スホイ・スーパージェット100(乗客・乗員78人)が緊急着陸して炎上した。ロシア連邦捜査委員会は37人の生存が確認されたと発表。インタファクス通信は関係者の話として、残り41人は死亡した恐れがあると報じた。
 旅客機はモスクワから北西部ムルマンスクに向かっていたが、飛行中にトラブルが発生して引き返した。トラブルの原因ははっきりしていないが、タス通信は関係者の話として「旅客機は落雷に見舞われた」と報じた。
 旅客機は午後6時(同6日午前0時)すぎに離陸。その後、同機から不具合のために引き返したいと連絡があり、午後6時半ごろに緊急着陸した。国営テレビは炎と黒煙を上げながら緊急着陸し、炎上する旅客機の様子を映した。燃料に引火したとみられ、機体後部が激しく焼けた。

引用元 JIJI.COM

とにかく今後の為にもこのような事故は無くなるようにならないのか?

楽しく行く旅行も不安になってしまいますよね?

ロシア機体炎上理由は?

ではなぜ機体は炎上しながら着陸したのか?

本当に乗客の方々は不安や恐怖に襲われたのではないでしょうか?

なかなか飛行機事故は無くなりませんね・・・

ロシア機体炎上理由

今のところ確実な情報は出ていませんが「旅客機は落雷に見舞われた」とタス通信の関係者が話しております。

これが直接的な原因になるかは事実関係を調査してからになるのでは?

情報が入り次第追記致します。

 

アエロフロート以前にも墜落事故が?

2008年9月にロシアでアエロフロート821便は墜落する事故を起こしてました。
このときの原因について当初はエンジントラブルにより炎上とされていました

 

着陸段階で運航乗務員特に機長が空間識失調に陥ったことである。

機体は左にバンクし引っくり返って急降下した。

空間識失調は夜間に雲中でオートパイロットとオートスロットルを解除して飛んでいる最中に生じた。

エンジン火災ではなく機長が平衡感覚を喪失した状態になってしまう空間識失

調に陥ったことでした。

今回はむしろ炎上する中、確実に着陸することができたので機長のパイロット

としての腕は良かったというべきところでしょう。

乗客や乗員の安否は?日本人はいる?

乗客・乗員の安否について紹介します。

スホイ・スーパージェット100に搭乗していた,乗客と乗員は78人でその内の37名の安否は確認されております。

しかし残りの41人の安否は不明の状態のようです。

機体その物が炎上してしまったので大きな被害となってしまったのでしょうか?

日本人は?

現在の情報によると日本人乗客はいないようです。

ロシア旅客機が機体炎上理由や動画は?日本人はいる?まとめ

とにかく事故原因を調査してその対策は常に更新していかないとこれからもこのような事故は増えてしまうのではないでしょうか?

雷?が原因のようですが,空を飛行する対策も日本旅客機にもあり得る状況だと思いますので少し不安を感じました。

安否の確認されていない方々が一人でも生還出来る事をお祈り致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。