ラグビーのポジションと役割は?観戦する時に役立つ


2019年はラグビーワールドカップ2019が開催されます。2020年には東京オリンピックが開催されますね?チケットを既にお持ちの方もテレビなどで観戦される方もポジションを知らないという方も多いのではないでしょうか?

ラグビーのポジションとそれぞれ役割があるのはご存知でしょうか?

やっぱり知らないで観戦するより,よりラグビーを知り観戦された方が何十倍も楽しみ方が変わるのではないでしょうか?応援したい選手のポジションだけでも知っておきたいですよね?

本記事の内容

・そもそもラグビーというスポーツを知らない
・それぞれのポジションと役割は?
・この記事のまとめ


上記内容でご紹介をしたいと思います。

特に女性の方やお子さんなどにも分かりやくすそれぞれのポジションと役割について参考になれば幸いです。

では早速見ていきたいと思います。

ラグビーのポジションと役割は?

そもそもラグビーって?なに?という方に向けて紹介したいと思います。

でも何言っているか良くわからないという方はまずは試合を見て頂き好きな選手を見つけましょう。例えば五郎丸選手とか。

 

正式にはラグビーフットボール (Rugby football) と言います。

2チームに分れる

2つのチームに分かれて、楕円形(回転楕円体)のボールを取り合い相手陣のインゴールまで運ぶスポーツです。実際のラグビーボールはこんな感じです。

持ったことのない方に取っては非常に持ちづらいと思いませんか?だって・・・楕円形にしないくてもよないですか?

私は実際にボールを持ってパスをしたり,蹴ったりした事がありますが「難しい」の一言です。

 

H型ゴール

また,ラグビーフットボールと付くのもH型のゴール上部に蹴り入れて得点を競うスポーツです。H型ゴールはこんな感じです。

 

このフィールドの中でそれぞれポジションが決まっているという事です。1チームは15人でそれぞれ役割があるという事ですね。大きく分けると、フォワード(FW)の8人と、バックス(BK)の7人に分けられます。

スクラム

フォワード8人はスクラムを組むメンバーとなっています。因みにスクラムを知らない方はこんな感じで相手チームと組合います。

喧嘩している訳じゃないですからね?

試合再開の型(いわゆるセットプレー)の一つです。
非常に重要なプレーの一つで,ぶつかり合いがハラハラします。

 

更にフォワード最前列で相手フォワードと組み合う3人を「フロントロー」、その後ろで支える2人を「セカンドロー」、スクラム最後列で押し込む3人を「サードロー」と呼びます。

ラグビーと言ったら初歩的な内容はこの程度で十分観戦は楽しめると思います。
では続いては好きな選手のポジションと役割を覚えましょう。

フォワード(FW)

ではフォワード(FW)ポジションと役割について紹介をしたいと思います。

それぞれ見ていきたいと思います。

左プロップ

フォワード/フロントロー 背番号1番

スクラムを組む時に、最前列3人の中の左の選手で、相手フォワードと直接組合うスクラムの重要なポジション。

体重が重く、がっしりした体型の選手が主にやるようです。

スクラムでは相手プレーヤーと激しく組み合うので、首が太く頑丈で、耳が大きい事も特徴の一つ(?)です。プロップとは支柱という意味です。ルースヘッドプロップとも呼ばれます。

 

フッカー

フォワード/フロントロー 背番号2番

スクラムを組む時に、最前列3人の中央で相手フォワードと直接組み合う、文字通りスクラムの中心となる選手です。スクラムをコントロールすると同時に、スクラムハーフが投げ入れたボールを足でかきだす役割を担います。左右プロップと同様にがっしりした体型の選手が向いていますが、スクラムをコントロールしながらボールを足で扱う事の出来る器用さも求められます。また、ラインアウト時にボールを投げ入れる役(スローワー)となることの多いポジションでもあります。

 

右プロップ

フォワード/フロントロー 背番号3番

スクラムを組む時に、最前列3人の中の右に位置する選手で、相手フォワードと直接組合うスクラムの要です。体重が重く、がっしりした体型の選手が向いていると言われています。スクラムでは相手プレーヤーと激しく組み合うので、首が太く頑丈で、耳が大きい事も特徴の一つ(?)です。プロップとは支柱という意味です。タイトヘッドプロップとも呼ばれます。

 

左ロック

フォワード/セカンドロー
背番号4番
スクラムを組む時に、プロップとフッカーの後方から押し込む選手です。左ロックはがっしりとしていて跳躍力があり、身長の高い選手が向いています。長身を活かし、ラインアウト時のジャンパーや、キックオフで蹴られたボールの受け手などを担います。

 

右ロック

フォワード/セカンドロー 背番号5番

スクラムを組む時に、プロップとフッカーの後方から押し込む選手です。左ロックに跳躍力が求められるのに比べ、右ロックにはパワーが求められます。

 

右フランカー

フォワード/サードロー 背番号7番

スクラムを組む時に、右後方端から押し込む選手です。スクラムは勾論、バックス陣が攻撃している時にはサポートとして走り回る、大変体力のいるポジションです

 

右フランカー

フォワード/サードロー 背番号7番

スクラムを組む時に、右後方端から押し込む選手です。スクラムは勾論、バックス陣が攻撃している時にはサポートとして走り回る、大変体力のいるポジションです

 

ナンバーエイト

フォワード/サイドロー 背番号8番

フォワードを最後方からコントロールし、統率する選手です。スクラムの時には、後方に運ばれた ポールを手で運び出すこともあります。 体の大きさ、スピードとパワー、的確な判断力。 総合的に高い能力の求められる、フォワードの中 で最も華のあるポジションです。 また、守備/攻撃の両面においてチームの中心 となる、大変重要なポジションです。

 

バックス(BK)

続いてはバックス(BK)と言われるポジションの役割について紹介をしたいと思います。

前半ではフォワード(FW)について紹介しましたが,バックス(BK)がいかに大事かが理解出来ると思いますので最後までご覧下さい。

スクラムハーフ

バックス/ハーフバックス 背番号9番

スクラム時に、両チームの組み合った中間にボールを投げ入れ、そのボールを手で取り出す役目があるポジションです。
※ナンバーエイトが取り出す場合もある。

フォワードとバックスの繋ぎ役で、敏提陸性と的確で正確な判断力が必要なポジションですが、体が小さくても充分に活躍できるポジションでもあります。

 

スタンドオフ

バックス/ハーフバックス 背番号10番

同じハーフバックスでもスクラムハーフはフォワードよりでプレーすることが多いです。

バックスよりでプレーすることが増えます。

バックス陣を率い、走る、蹴る、パスを出すなどバックス攻撃の要となりチームの司令塔となるポジションになります。

 

左ウイング

バックス/スリークォーターバックス 背番号11番

バックスの左端で、多くのトライを得ることが求められるポジションです。

チームの中で最もスピードのあるプレーヤーになります。

自陣深くから敵陣深くまで走り込むこともありますので、瞬発力だけでなく、スタミナとスピードの両方が必要となります。

 

左センター

バックス/スリークオーターバックス 背番号12番

バックスの中央左のポジションになります。

守る時にはタックルをする機会が多く、攻める時にはウィングのトライをアシストすることが多いので、バックスの中では地味ですが、重要な「縁の下の力持ち」的なポジションです。

突破力とディフェンス力、スピードとパワー、両方が必要とされます。

 

右センター

バックス/スリークオーターバックス 背番号13番

位置としてはバックスの中央右のポジションです。

左センターと守り方と攻め方は似ており中央右側のポジションとなります。

このポジションも「縁の下の力持ち」とも言われています。

突破力とディフェンス力、スピードとパワーが必要ですね。

 

右ウイング

バックス/スリークオーターバックス 背番号14番

バックスの右端で、多数のトライを得ることを求められるポジションです。

チームの中でも最もスピードのある選手が担うことになります。

自陣深くから敵陣深くまで走り攻める事もあり、瞬発力やスタミナ,スピードなどを求められるポジションです。

 

フルバック

バックス/フルバック 背番号15番

チームの最後尾でバックス陣を統率し、防御ラインの最後の砦です。

サッカーで例えるとゴールキーパーのようなポジションです。

ボールを受け、陣地を携回するためにキックをすることが多いので、正確なキック力が試されます。

 

ラグビーのポジションと役割は?観戦する時に役立つ!まとめ

ラグビーとは?についてと,それぞれのポジションと役割について紹介をさせて頂きました。

これから日本中がラグビー熱となる事間違えないと思いますので是非参考にして頂ければ幸いです。

個人的には日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏の采配と田村優選手のキックがポイントになるのでは?と思っています。

この記事ではラグビーの基本の部分を紹介させて頂きました。

★ラグビーは15人で行うスポーツ
★フォワード(FW)は8人でバックス(BK)7人に別れる
★フォワード8人はスクラムを組むメンバー
★それぞれの役割があり配列は「前列3人/中列4人/後列1人」


上記の内容がラグビーの基本内容になります。

皆さんでラグビー日本代表を応援しましょう。

ラグビーワールドカップ2019のスポンサーを確認したい方は是非関連記事もご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。