大山悠輔の応援歌/歌詞や楽曲を紹介!阪神の4番定着を目指す

 

2019年シーズンは100試合以上4番に座った大山悠輔選手。

 

阪神4番の重圧は想像を超え、大山悠輔選手は一睡もできないまま球場入りしたこともあったようです。

 

この記事では大山悠輔選手の経歴・人物像・成績、応援歌をご紹介いたします。

 

応援歌歌詞や楽曲を紹介

 

茨城県出身の若手「阪神の4番」を任せられるだけある実力のある選手です。

 

ファンやメディアからの批判もある中で2019年シーズンは4番定着を目指し日々奮闘していた大山悠輔選手ですが,2020年シーズンは更なる活躍を見せてほしいと思います。

 

では応援歌について紹介をしたいと思います。

 

歌詞

 


悠然と振り構えたバットに

我らの夢を乗せて

スタンドへはじき返せ

栄光つかむその日まで

かっとばせー 大山

 

 

楽曲

 

 

ファンの思いが込められた歌詞となっていますね?

 

大山選手のホームランを毎回期待してしまいますが,是非タイトルを狙ってほしいと思います。

 

では続いては人物像について知らない方もいらっしゃると思いますので簡単に紹介をしたいと思います。

 

プロフィールや人物像・成績を一挙紹介

 

大山選手はプロ野球選手としては体格,実力,技術全てを取っても4番として活躍できるだけの物を持っています。

 

まだ若いのでこれからの伸びしろを願って応援したいと思います。

 

プロフィール

 


生年月日: 1994年12月19日 (24歳)

出身:茨城県下妻市

投打:右投げ右打ち

身長:181 cm

体重: 85 kg

血液型:O型

趣味:音楽鑑賞

球歴:つくば秀英高(甲子園出場無し)-白鴎大-16年阪神ドラフト1位

 

人物像

 

大山選手はドラフト1位入団ながら16年ドラフトは投手こそ補強ポイントだったと書き立てるマスコミやファンは多く、今も評価は厳しい。

 

金本前監督は阪神生え抜きの4番育成にこだわり、その最有力候補が大山選手だった。

 

入団時の低評価を打ち消すためにも是非とも来シーズンの飛躍を期待したい。

 

成績

 

近年の阪神は得点力不足に陥り、矢野監督は、大山選手ら若手を「育てながら勝つこと」を掲げている。

 

今シーズンは4番に座ることが多かったが他チームの主軸に比べればHR数が足りない。

 

和製大砲としての覚醒が待ち望まれる。

 


・今シーズン:打率.258、安打数 139、打点76、HR 14、

・通算成績:打率.259、安打数281、打点162、HR 32


2019年度はホームラン14本に終わりましたが,4番としての責任感や重圧がある中阪神をクライマックスシリーズまで持ち込む立役者となりました。

 

本当に来シーズンが楽しみです。

 

大山悠輔の応援歌/歌詞や楽曲を紹介!阪神の4番定着を目指すまとめ

今の阪神で最も頼りになるバッターは糸井選手福留選手糸原選手梅野選手など、残念ながら色々な名前があがってきてしまうと思います。

 

「大山選手が打ち取られたら仕方ない」と多くのファンが納得する4番バッターに成長して欲しいです。

 

同じ茨城出身という事もあるので是非活躍を心から期待したいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。