田中将大と奥川恭伸は似ている?プロフィールや画像で比較!

 

2019年のドラフト会議では皆さんの思った通りになりましたか?

 

2019ドラフトの注目選手の一人,奥川恭伸投手(星稜)についてある話題が広がっています。

 

それは田中将大投手(現ヤンキース)と奥川恭伸投手が似ているという事です。

 

そこでこの記事では田中将大投手と奥川恭伸投手を比較してみた結果などを紹介できれば幸いです。

 

奥川投手のプロフィールなどをまだご存知じゃない方にも参考になる部分を紹介したいと思いますので最後までご覧頂ければ幸いです。

 

奥川恭伸のプロフィール

 

まずは奥川投手の事を知らないという方に野球を始めた時期や経歴,プロフィールなどについて紹介をしたいと思います。

 

とにかく実績と実力をもった選手だという事がよくわかります。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

奥川恭伸プロフィール

 


名前:奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ)

生年月日:2001.4.16

ドラフト年:2019 年

高校:星稜高校

小学校:かほく市立宇ノ気小学校 → 宇ノ気ブルーサンダー

中学校:宇ノ気中学校 

高校:星稜高校

出身:石川県(中部)

 

経歴と歩み

 

かほく市立宇ノ気小学校の3年生の時に、宇ノ気ブルーサンダーで野球を始める。

この時に星稜高校でバッテリーを組んだ,山瀬慎之助も同じクラブで野球をしていました。

進学し,宇ノ気中学校では奥川・山瀬のバッテリーコンビで中学校3年生の時に全国大会優勝をしている。

星稜高校へ進学後は1年生春からベンチ入りし、秋の大会から星稜高校の戦力となる投手になった。



高校2年生

2年生の春に選抜に出場し144km/hをマーク、リリーフで2試合連続逆転勝ちとなり2勝をあげている。

 

夏の甲子園では、開幕ゲームで先発し150km/hをマークしている。

 

その後はU-18侍ジャパンに唯一2年生で選出されました。

 

秋の北信越大会準々決勝で10連続奪三振を記録するなど活躍し、チームの優勝に大きく貢献。

続く明治神宮大会でも抜群の投球を披露し準優勝。

 

高校3年生

2019春の選抜では、最速151km/hをマークするなど,17奪三振完封という素晴らしい投球をしてくれた

 

二回戦では10奪三振を奪いながら、打線が振るわず敗退となってしまった。

 

春季大会では、怪我もあり北信越大会から登板しましたが,圧巻の投球でチームを優勝に大きく貢献しました。

夏の選手権予選では、金沢大付戦でリリーフとして初登板すると、自己最速を大幅に更新する158km/hをマーク。

その他にも6者連続三振などを見せる順調な仕上がりを見せた。

 

夏の甲子園では初戦で153km/hをマークし完投勝利,二回戦ではリリーフで154km/hをマークしている。

三回戦では持ち前の安定感とスピードで延長14回を自責点0で23奪三振という圧巻の投球を見せてくれました。

 

決勝戦まで進み履正社の井上広大からホームランなどを打たれ敗戦はしたものの,奥川選手の持ち味を十分に出せた夏の大会となったのではないでしょうか?

U-18日本代表に選出されており、投手の柱となり活躍してほしい。

 

小さい時から一生に野球をしてきた仲間がいるというのは素晴らしいですね?

 

今後はプロの世界で日本代表としてバッテリーを組む二人になるのでしょうか?

 

これからが本当に楽しみです。

 

田中将大と奥川恭伸は似ている?

 

そもそも田中将大投手と奥川恭伸投手が似ていると話題になった理由はあるのか?

 

それは・・・2019年夏の甲子園で準優勝をした星稜の奥川君は多くのメディアに取り上げられています。

 

そのメディアが田中将大を彷彿とさせる程の実力がある?というような小さな話題が大きくなったというわけです。

 

しかしながら実際に比較してみないと似ているのか?というのは分かりません。

二人の似ている点などをメディアであがった内容をまとめましのでご覧頂ければ幸いです。

 

投球面特徴

 

ストレートの完成度は150km/hを越えるスピードと打者手間での伸びが素晴らしい。

前方でリリースをしているという証拠ですね?


変化球はフォーク,スライダー,ツーシームのキレが素晴らしく投球術も既にプロ級のセンスがある。

 

精神面の特徴

 

調子の波がほとんどなく安定している。

理由としては調子が悪い時でも球種や采配を自分で調整できるので投手として安定感がある。

 

エースとしての自覚高い事や2018年のU18召集された奥川投手は星稜のメンバーにもどのようなプレーをすればいいのか?についての共有をしたそうです。

 

大きく別けるとこの2点が総合的に優れているという事ですね?

 

メディア関係者やスカウト陣は当時高校生だった田中将大投手を思い出したのではないでしょうか?

 

やはり経験上,一点だけを重視してしまいがちですが,プロのスカウト陣は総合的な評価として奥川投手は当時の田中投手のようだと感じたのでしょう。

 

では実際に田中将大投手と奥川恭伸投手の高校時代を細かく見ていきたいと思います。

 

高校時代で比較してみた

 

では実際に高校時代の身長や体重,変化球の種類や球速,成績などを比較してみたいと思います。

 

身長や体重は?

  田中将大 奥川恭伸
身長 185cm 183cm
体重 80kg 82kg

 

変化球の種類は?

種類 田中将大 奥川恭伸
カーブ
スライダー(縦・横)
チェンジアップ
スライダー

 


高校生時代はどちらも3種類の変化球を持っていたんですね?

 

田中将大投手に関しては既にスライダーの縦と横回転を使い分けていたという事が凄い事です。

 

奥川投手も今後は更に投手としての磨きがかかるプロ世界にいくのでツーシームなどの変化球が増えればまた違った投球ができるでしょうね?

球速はどっちが早い?

  田中将大 奥川恭伸
球速 150km/h 154km/h

 


当時自己最高の球速については奥川投手が158km/hをマークしています。

 

今後の球速アップを期待して160km/hに挑戦してほしいですね?

 

田中将大と奥川恭伸は似ている?プロフィールや画像で比較!まとめ

 

いかかでしたでしょうか?

 

田中将大投手と似ていると思われた方も多いのではないでしょうか?

 

2019年のNPBドラフト会議が開催されました。奥川投手はヤクルトより指名され交渉権を獲得しました。

 

ではこの記事のまとめを改めて紹介致します。

 

田中将大と奥川恭伸は似ている?まとめ

・投球面では150km/hを越えるストレートとキレのある投球ができる

・変化球は落差のあるフォークやスライダー,ツーシームが投げられキレはプロ並み

・精神面は投手としての安心できる安定感と調子が悪い時の柔軟性がある

・田中投手とフォームが少し似ている

・顔は個人的には奥川選手の方がかっこいい!?

・身長は田中投手が高く,体重は奥川選手の方が重いがほとんど同じ

・変化球の種類は3種類で同じ

・球速は奥川選手が既に154km/hをマークしている

 


以上が奥川京伸投手の田中投手と似ている?についての内容でした。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。