【マイナンバー・通知カード】紛失時の再発行や準備物【マイキーID必須】

この記事では個人番号マイナンバーと通知カードを紛失してしまった場合の再発行手続きや準備物について紹介する内容となっております。

個人番号ナンバーを紛失したという方はまずは下記に連絡をして一時利用停止をして下さい↓↓


<個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)>

TEL 0570-783-578

<マイナンバー総合フリーダイヤル>

TEL 0120-95-0178

2020年9月頃にはマイナンバーカードを発行している人への25%のポイント還元をするという案が出ております。

理由としては東京オリンピックが終了後の景気対策として予算額2500億円を投じる予定となっております。

マイナポイントというマイナンバーに紐づけられたポイント制度の事でマイナンバーカードと同時にマイキーIDの作成も必要となってくる。

これから必要となるマイナンバーや通知カードを誤って紛失してしまってどうしよう?と困る方が多くなるかと思いましたので対処法について紹介をしたいと思います。

後半部分はマイキーIDについての内容となっておりますので再発行が完了した場合は速やかにID取得をする事をおすすめします。

では見ていきましょう。

通知カードを紛失した場合と再発行に必要な物

こちらの通知カードとは?簡易書留で市から各個人にマイナンバーを通知するために配布された仮のカードです。

マイナンバーカードの発行手続きをする際に必要になる仮のカードです。

注意点としてはマイナンバーカードとは違いあくまでも仮のカードになるのでお間違えのないようにお願い致します。

通知カードを紛失した場合【やる事・準備物】

それではマイナンバーカードを発行する為に必要なのに誤って紛失してしまったという方に自宅内で紛失したのか?外出先で紛失したのか?によって少し対応が変わりますのでそれぞれ対処法を紹介します。

✔自宅内で紛失した場合


やる事

通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出

準備物

・通知カード紛失届(各市町村窓口)
・通知カード再交付申請書(各市町村窓口)
・再発行手数料500円
・身分証明書(免許証・保険証・パスポート)

✔外出先または盗難などにより紛失した場合


やる事

・警察に遺失届を出す
・遺失届の受理番号を控える
・通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口に提出

準備物
・受理番号
・通知カード紛失届(窓口に用意されている)
・通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)
・再発行手数料500円
・身分証明書(免許証・保険証・パスポート)

自宅内と比べると外出先での紛失は盗難の可能性がある為,警察に遺失届を速やかに提出し受理番号を控えておきましょう。

通知カード紛失は悪用されるのか?

結論から言うと通知カードは悪用されません。

この通知カードは有効期限もなく運転免許書やパスポートなどと併用して使用しないと効力がないからです。

本人確認をするというのが同時に発生するので悪用されるという事はゼロに近いです。しかしながら本人の請求、または市長村長の判断により新しい番号になる場合も?

原則的には個人番号が変わるという事はしません。あくまでも紛失しないようにするというのが原則ですね。

マイナンバーカードを紛失時の再発行と番号変更時の準備物

マイナンバーカードとは、自身の写真がついており正式な身分証明書として使用できます。

運転免許証や保険証と同じになるので大切にしましょう。

しかし,紛失するという事が起きた場合の対処法を紹介します。

マイナンバーカードを紛失した場合【やる事・準備物】

まずは焦らず速やかにやる事と準備する物を用意して再発行手続きができる準備をしましょう。

通知カードとは違い紛失した場所は問わず再発行の手続きとなります。

やる事と準備する物を見ていきましょう。

自宅内で紛失した場合

やる事

・個人番号カードコールセンターに連絡して一時利用停止を依頼する
・警察に遺失届を出す
・遺失届の受理番号を控える
・通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出

準備物
・受理番号
・通知カード紛失届(窓口に用意されている)
・通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)
・初回発行手数料無料(初回以降の再発行手数料500円)
・身分証明書(免許証・保険証・パスポート)

通知カードを紛失した時と違う点は個人番号カードコールセンターにすぐに連絡をして一時停止をしてもらうという事です。

まず第一にやる事として重要なのは1秒でも早く悪用されないように個人番号を停止しましょう。

また再発行手続きには3週間から4週間かかる可能性があります。

その間に個人番号を知りたいという方もいると思いますが確認できる方法があります。

それは住民票を取りに行き,個人番号と載せて下さいと伝えて下さい。すると住民票の右端に個人番号が掲載されますのでご確認できます。

では個人番号カードコールセンターについての内容に続きます。

<個人番号カードコールセンター>

0570-783-578

平日8:30~22:00

土日祝9:30~17:30(年末年始除く)

※ナビダイヤルは通話料がかかります。
※IP電話等で繋がらない場合>>050-3818-1250

<マイナンバー総合フリーダイヤル>

0120-95-0178

平日9:30~20:00

土日祝9:30~17:30(年末年始除く)

※マイナンバーカードの紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については、24時間、365日対応となっております。

悪用される可能性がある【重要】

通知カードとは違い,顔写真や電子証明書機能のICチップが内蔵されている点により紛失した後に何もしないと悪用される可能性が高いです。

個人として身分証の変わりになる点とICチップにより番号を認識させてしまう可能性が考えられます。

まず,紛失した際に取るべき行動はコールセンターに電話をして電子証明書機能を停止するという事が必要です。

個人番号の変更時の必要書類

原則的には個人番号を変更をする事はしません。

ですが・・・明らかに悪用される可能性が高い場合や個人の請求などにより市町村が判断をし新たな番号を発行する場合があります。

その時の必要書類リストを下記に紹介します。

事業主に関係のある書類

・所得税の確定申告書
・消費税の確定申告書

従業員や取引先に関係のある書類

・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
・給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)
・退職所得の源泉徴収票(税務署提出用)
・報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書不動産の使用料等の支払調書

以上が個人番号変更時の必要書類となりますので市町村の窓口などでも手続きに必要な書類等の指示があるかと思いますので予めご確認の上申請を行って下さい。

マイキーIDの取得方法

なぜマイキーIDについてお話をするか?というと2020年9月頃を目安にマイナンバーを持つ人に対してのポイント還元を行う可能性があるからです。

内容としては下記です。

来年度予算編成と新たな大型経済対策の議論が進む中、2020年9月以降に、マイナンバーカードを持つ人に25%のポイント還元を行うことが検討されている。

予算規模は2500億円という。2020年の東京オリンピック後に景気の落ち込みが心配されることから、その対策として今年10月に始まったキャッシュレス決済のポイント還元事業を継続するかどうか、その検討の中で出てきた案である。

ポイント還元事業は2020年6月に終わることになっている。

参照元 https://toyokeizai.net/articles/-/315734

上記が議決されるとマイキーIDを発行する人が急増すると思われます。

ですので早めにマイナンバーを紛失した場合は再発行などを行いマイキーIDを取得する事をおすすめ致します。

ご年配の方などは取得するのに少し手間がかかるので代行業者ともあるようです。

マイキーIDとは?

図書館等の公共施設の利用カードや商店街のポイントカード等、様々なカードの利用番号をマイキーIDと紐付けることにより、マイナンバーカード1枚 で各種多数の利用カードを必要とする各種サービスを利用可能とするシステムです。 注1)ICカードリーダライタは、マイキーIDの作成・登録時のみ必須となります。

参照元 マイキープラットホーム

要は全ての利用履歴などが管理されるという事になるという事ですね?

少し怖い話しかと思います。この情報が悪用されたら大変ですよね?ある程度の知識を持って大事に保管しないといけないと思います。

第三者に全ての情報を抜かれてしまっては大変です。

ID取得方法

マイキーIDを取得するにはマイキープラットホームというサイトで作成出来ます。

✔パソコンで行う場合の手順

①マイナンバーカード準備

②電子証明書のご用意

③ICカードリーダライタの用意

④利用者クライアントソフトのダウンロード

⑤電子申請

詳しい内容は別記事にて作成致します。

自自体ポイントとは?

お持ちのクレジットカードのポイントや航空会社のマイレージなどを、自分の好きな「自治体ポイント」に交換・合算することで、地域の商店での日々の買い物やオンラインショップから全国の特産品をお得に購入できます。自治体から付与された行政ポイントも合算できます。

参照元 自自体ポイントナビ

どこの自自体が使えるか?を確認する場合は下記よりご覧下さい。

自自体ポイントナビ

【マイナンバー・通知カード】紛失時の再発行や準備物【マイキーID必須】まとめ

いかがでしたでしょうか?

これからは全ての支払いや預金が管理されてしまう時代が来るという事ですね?

脱税なんかはかなり減るのかと思います。また今まで上手くすり抜けて来た方々に取っては少し辛いのかと思います。

ではこの記事をまとめたいと思います。ポイントは3つかと思います。

通知カード紛失→悪用はされないが再発行が必要

★マイナンバーカード→悪用される可能性があるのでまずはコールセンターに電話をして電子証明書機能の停止をしてもらいましょう。

★2020年9月にポイント還元が始まる?→準備物を揃えてからマイキーID発行をしましょう。

以上のポイントを抑えて置き間際に申請などを行うのではなく早めに発行などの手続きをされる事をおすすめします。

もしかするとサイト自体にログインできないなどの不具合も生じる可能性があるので予め行いましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。