巨人背番号2019予想速報!岩隈選手は?

前マリナーズの2019年より巨人へ入団が決まった岩隈久志選手が8年振りに日本球界に復帰になりました。

そんな岩隈選手の気になる背番号は?

巨人選手の背番号なども含めて紹介していきたいと思います。

岩隈久志選手とは?

岩隈選手と聞いて知らない人はいないのではないでしょうか?

日本球界を代表をする投手で以前は大阪近鉄バファローズから楽天ゴールデンイーグルスで活躍されメジャーへ。

メジャーリーグでの活躍も素晴らしかったです。

そんな岩隈選手は2019年に巨人への入団が決まり、また日本球界で活躍する姿が見れる事となりました。

岩隈選手を改めて見ていきましょう。

プロフィール

岩隈 久志 イワクマ ヒサシ

出身 東京都

生まれ 西暦1981年4月12日

年齢 37歳

身長 190cm 体重 約95kg

投打 右投げ右打ち 

ポジション 投手

プロ入り 1999年ドラフト5位で近鉄バファローズへ

日米での成績は?

ドラフト5位で入団した当時としてはあまり名の知られていない選手でした。

しかし、近鉄時代にしっかり成績を残し、楽天ゴールデンイーグルスへ移籍した。

その後メジャーリーグでの挑戦をしたのだ。

近鉄バッファローズ時代の成績

(2000年~2004年)

2001年 

9試合 4勝2敗 防御率4.53

2002年 

23試合 8勝7敗 防御率3.69

2003年 

27試合 15勝10敗 防御率3.45

2004年 

21試合 15勝2敗 防御率3.01

最多勝 最高勝率 最優秀投手 ベストナイン獲得

楽天ゴールデンイーグルス時代の成績

(2005年~2011年)

2005年 

27試合 9勝15敗 防御率4.99

2006年 

6試合 1勝2敗 防御率3.72

2007年 

16試合 5勝5敗 防御率3.40

2008年 

28試合 21勝4敗 防御率1.87

最多勝 最優秀防御率 最高勝率 沢村賞 MVP 最優秀投手 ベストナイン獲得

2009年 

24試合 13勝6敗 防御率3.25

2010年 

28試合 10勝9敗 防御率2.82

2011年 

17試合 6勝7敗 防御率2.42

マリナーズ時代の成績

(2012年~2018年)

2012年 

30試合 9勝5敗2セーブ 防御率3.16

2013年 

33試合 14勝6敗 防御率2.66

2014年 

28試合 15勝9敗 防御率3.52

2015年 

20試合 9勝5敗 防御率3.54

2016年 

20試合 11勝6敗 防御率3.96

2017年 

0勝2敗 防御率4.35

2018年 

登板なし

日米通算成績

376試合登板 

170勝108敗 2セーブ 防御率3.31

200勝まで残り30勝できるかが日本球界復帰をした事でとても注目ですね。

岩隈久志選手の年棒推移は?

  • 2000年 500万円
  • 2001年 500万円
  • 2002年 1000万円
  • 2003年 2500万円
  • 2004年 6500万円
  • 2005年 1億5000万円
  • 2006年 1億8000万円
  • 2007年 1億3500万円
  • 2008年 1億1000万円
  • 2009年 3億円
  • 2010年 3億円
  • 2011年 3億円
  • 2012年 150万ドル
  • 2013年 650万ドル
  • 2014年 650万ドル
  • 2015年 700万ドル
  • 2016年 1100万ドル
  • 2017年 1400万ドル

合計すると・・・

56億円にもなります。

羨ましいですが、これだけ実力のある選手ですからこの金額は妥当だと思います。

最高額としては2017年の1400万ドルで日本円に換算すると・・・

15億8000万円にもなりますね。

そんな実績のある岩隈選手が日本球界に復帰して巨人に入団が決まったわけですからとても楽しみです。

巨人選手の背番号について

2019年になり巨人の背番号も変わった選手もいます。

気になるのは岩隈選手の背番号ですが、現巨人選手の背番号なども見てきましょう。

野球を見てるとあれ?この選手背番号変わった?と思われた事はないでしょうか?

プロ野球会では移籍なども多いのでよく耳にするのは背番号を譲るなんて事も現にあるようです。

選手同士の譲り合いって素晴らしいですね。

2019年巨人の背番号変更選手

現巨人選手

  • メルセデス選手 95→42
  • 増田大輝選手 98→63
  • 吉川光夫選手 21→47
  • 上原浩治選手 11→19
  • 山口俊選手 42→11
  • 田口麗斗選手 90→28
  • 菅野智之選手 19→18
  • 宇佐見真吾選手 32→27
  • ゲレーロ選手 5→44
  • 田中俊太選手 63→51
  • 畠世周選手 28→31
  • 吉川大幾選手 68→100
  • ヤングマン選手 39→49
  • 桜井俊貴選手 36→35
  • 石川慎吾選手 49→36

FAや海外組

  1. 中島裕之選手 5(旧ゲレーロ)
  2. 炭谷銀二郎選手 27(旧宇佐見真吾)
  3. 丸佳浩選手 8
  4. 岩隈久志選手は次の見出しに続きます。

岩隈久志選手の背番号が決定

野球生活で岩隈選手が付けていた番号をまずは紹介します。

  • 2000年から2002年  48
  • 2003年から2011年  21
  • 2012年から2017年  18

巨人のOBとしても有名な桑田真澄選手18番を付けていました。

では18番になるのでしょうか?正解は・・・

21番に決定しました!!

楽天時代では長く付けていた番号でとても活躍されていた時期ですので岩隈選手にとっては縁起のいい番号なのではないでしょうか?

原監督の岩隈選手への思い

原監督は会見で岩隈選手へこのような事を話しています。

「非常に心強い」と話しました。

これは日本での活躍とメジャーリーグでの実績と経験は原監督にとって巨人復活の為にもとても心強いという意味だったのではないでしょうか?

やはり若手と経験のある選手を混合させる事で若手も育つという意味もあるのかもしれませんね。

岩隈選手の活躍予想

2017年に手術をした影響で2018年での登板は少なかった為、多少心配もありますが、岩隈選手加入により巨人としては先発なのか?中継ぎなのか?または抑えで起用するのか?が気になりますよね?

ですので予想をしてみましたので参考程度に見て頂けたらと思います。

エースの菅野選手と二枚看板?になりえる先発としての起用があると思います。

肩の状態にもよりますが、コントロールの良さは絶品です。球速は以前に比べると下がってはいるものの打たせてアウトを取れる事は可能かと思います。

ですので感覚がつかめてくれば、武器の一つのスライダーやツーシームなどをコースに投げ込めればエース菅野選手に引きを取らないぐらいの活躍ができるのではないでしょうか?

岩隈選手は通算200勝利まで残り30勝という所まで実績があるので日本球界であと3年は活躍して欲しいと思います。

まとめ

岩隈選手の期待は日本中、巨人ファンの皆様も思いがあるのではないでしょうか?

原監督が戻り、丸選手や中島選手や銀次郎選手が加入されて2019年は巨人優勝?の期待がかかるシーズンになりそうですね。

ぜひ、岩隈選手の全盛期の時のような三振ショーを見せてもらいたいです。

巨人選手の背番号変更もぜひ参考にして頂けたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。