【超重要】筋トレと食事のメニュー例は?【栄養とバランス】

今回は筋トレと食事の関係性について書いていきます。

筋トレと食事は密接な関係にあります。実際のメニュー例を一部紹介して栄養とバランスを整えるという事が重要となってきます。

 

栄養をとることは鍛える事と同じ位大切なのです。

必要な栄養はたくさんありますが一番有名なのはやはりタンパク質でしょう。

 

しかしタンパク質以外にも筋肉の生成に必要なものがたくさんあります。

どんな栄養を取ればいいのか、そんな食事をすればいいのか今日の記事ではそんなことを書いていこうと思います。

 

では【超重要】筋トレと食事のメニュー例は?【栄養とバランス】について紹介します。

 

何を食べればいいの?

『何を食べればいいかわからない・・』

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

食事をきちんと取らないと筋肉は成長しない。

何を食べればいいのかというのは後ほど書きます!

 

まずは筋トレと食事の関係性を理解しましょう。

どれだけ鍛えても栄養をとらないと筋肉がつくことはありません。

トレーニングで破壊した筋繊維が再生する時に少し強くなることで筋肉の量が増えていきます。

栄養が必要なのはその筋肉が再生する時です。

栄養は筋肉が復活する際の食事なのです。

食事はとても大切なのです。

 

食事を疎かにするとどうなる?

食事が大切なのは前述したとおりです。

では食事を疎かにするとどうなるのかを書いていこうと思います。

 

栄養が不足したままの筋トレは危険!!

栄養不足のまま筋トレをするととても危険です。

体を動かすにはエネルギーが必要です。

そのエネルギーというのは炭水化物と呼ばれるものです。

炭水化物が不足したまま筋トレを続けると体はエネルギーを他のものから代用しようとします。

 

その代用するものが筋肉なのです。

不足した状態で筋トレ=筋肉を減らしてしまう。ということなのです。

このように栄養や食事を疎かにするとトレーニングの効率を大幅に下げてしまうことになるのです。

 

どんな食事をすればいいのか。

ではどんな食事をすればいいのでしょうか。

プロテインをたくさん飲むのか。それともサプリメントをたくさんとるのか。

それらについて書いていきましょう。

 

タンパク質をたくさんとる。

タンパク質が多く含まれている食材をとりましょう。

・牛ヒレ肉、豚ヒレ肉、鶏むね肉、ささみ 等々

これらはタンパク質が特に多く含まれている食材になります。

筋肉をつけたいと思っている方は積極的にとりましょう。

目安としては自分の体重の二倍のg数のタンパク質をとりましょう。

そしてこの数値に届かない場合にプロテインを飲みましょう。

プロテインというのはタンパク質の塊なので足りない分のタンパク質を大きく補填してくれます。

関連記事 筋トレで痩せたい人のダイエット方法!男・女に効果的【有酸素】

 

食事の回数を増やす。

食が細い方は食事の回数を増やしましょう。

一回の量を増やすのではなくこまめに食事をとるということです。

こまめにとってエネルギー不足で筋肉が分解されるのを防ぐためです。

具体的には1日3回の食事を6回にしてみましょう。

空腹の状態をなるべく作らないことで筋肉の分解を防ぎましょう。

 

栄養のバランスを考える。

摂取するカロリーの中の三大栄養素のバランスを見直しましょう。


・Protein=タンパク質

・Fat=脂肪

・Carbohydrate=炭水化物

 

これらは頭文字をとって『PFC』と呼ばれます。

ダイエットや減量の時期により変わるのですが、筋肉をつけたり増量したいときに適したPFCの比率があります。

その黄金比率が『3:2:5』となります。

この比率を意識して食事の栄養バランスを考えていきましょう。

 

まとめ「イイ食事はイイ体を作る」

ここまで読んでいただいた方は筋肉の成長、体の生成には栄養バランスが大きく

関係しているということがわかっていただけたと思います。

 

改めて食事を見直そう。

理想的な体は適切なトレーニングとバランスを考えた食事が作ってくれます。

僕も筋トレを始めたばかりの頃は疎かにしていました。

しかし一定のラインを超えるとなかなか体に変化が見られず挫折しかけてしましました。

その時に栄養のバランスやプロテイン等を取り入れて諦めずに続けていたらまた少しづつ体に変化がありました。

筋トレに大切なのは諦めずに続けることと栄養をしっかりとることです。

この二つをしっかり意識すれば理想の体に近づけるでしょう!

関連記事 筋トレを1年継続した場合の筋肉量は?変わらない理由は?

人気記事 筋トレウェア!メンズに人気ブランド5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください