【徹底解説】筋トレは毎日はダメ?超回復の意味と適切な頻度とは?

 

この記事は筋トレをし初めて継続できている方に向けた記事になるかと思います。

筋トレ初心者の方の多くはどのくらいの頻度で筋トレをしていいのかわからないという悩みを持っている方が多くいます。

 

毎日ジムに行って体を鍛えたくて仕方ないという方や、毎日ジムに行くのは難しいという方など様々だと思います。

今回はそんな人たちに向けて適切な筋トレの頻度やメニューの組み方を紹介していこうと思います。

関連記事 筋トレメニュー/一週間のジム通い【初心者】

では【徹底解説】筋トレは毎日はダメ?超回復の意味と適切な頻度を紹介!を紹介したいと思います。

毎日筋トレをした方がいいの?

鍛えたら鍛えた分だけ筋肉がつけば非常に嬉しいですよね。

では、毎日筋トレをしたら筋肉がつくのは早いのか?

そんな疑問にお答えしていきましょう。

 

毎日筋トレはNG!

実は毎日筋トレをするというのはあまりよくありません。

筋肉がつく仕組みは3段階に分かれています。

まず一つ目はもちろんトレーニングです。

その次に栄養の補給。つまり食事やプロテイン、サプリメントなどです。

そして最後に休養です。

これら、3つの段階を経て筋肉は大きくなっていきます。

 

このどれか1つでも欠けていると筋肉のつくスピードはグッと遅くなってしまいます。

スポーツなどで怪我をした体で無理に試合に出ていると治りがどんどん遅くなりいいパフォーマンスができなくなっていくのと同じです。

筋肉もひたすら負荷を与え続ければいいというものではなくトレーニング、栄養、休息の3つをしっかりとやっていく必要があります。

 

そのため毎日のトレーニングはあまりいいものではありません。

毎日筋トレをしてはいけない理由【超回復を解説】

 

毎日の筋トレはあまりよくないと記載しました。

次はその理由を詳しく書いていきましょう。

 

知らないと損する!超回復とは?

筋肉には超回復というものが存在します。

超回復というのはトレーニングによって破壊した筋肉が一定の時間をかけて破壊される前よりも大きく・強くなる現象のことです。

この超回復という体の機能のおかげで体がどんどん大きく強くなっていくのです。

筋肉を大きくしてくれる超回復ですが、この超回復には注意点があります。

 

超回復中の筋トレはNG!

超回復をしている最中の筋肉にさらに負荷をかけるのはNGです!

その理由は大きくなろうとする筋肉の働きを妨げてしまうためです。

ではそうやって超回復を見分ければいいのか。

その答えは筋肉痛です。

一般的に筋肉痛の最中は筋肉が超回復をしようとしている時です。

なので筋肉痛のときは筋トレはやめておきましょう。

最も効率の良い筋トレのメニューは?

では最も効率よく鍛えられるメニューはどのようなものなのか。

具体的に書いていきましょう!

 

週2回〜3回が理想

筋トレの頻度は強度にもよりますが週に2〜3回が理想でしょう。

休養とトレーニングのバランスをしっかりととりましょう。

週に2〜3かいのトレーニングであれば超回復も終わっていることでしょう。

超回復は長くても3〜5日と言われています。

5日以上の筋肉痛は怪我の可能性が非常に高いため病院にいきましょう。

POINT
個人的な話ですが私は野球をやっていたのですがずっと手首のあたりが筋肉痛だなあと思っていたのですがあまりに治らないために病院に行ったら靭帯を損傷していたことがあります。笑
なので長すぎる筋肉痛のときは病院に必ず行ってください。

 

鍛える部位を分ける

週に2〜3回全身の筋トレをしていると時間がとてもかかってしまうので筋トレをする部位を分けましょう。

1部位トレーニングしたら3日程度間隔を空けましょう。

こうすることによって1部位の強度を高めることができ、時間の節約にもなります。

分割することによって他の部位が筋肉痛でも他の部位を鍛えることができます。

 

まとめ

ここまで筋トレの頻度について書いてきました。

この記事のまとめについて書いていきましょう。


①ベストな頻度は週2〜3回。

②部位毎に分けてトレーニングをする。

③超回復中(筋肉痛)はトレーニングを控える。

④怪我には気を付ける。

 

 

以上4点を意識して筋トレを楽しみましょう!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事 筋トレメニュー/一週間のジム通い【初心者】

関連記事 【徹底解説】筋トレと筋肉痛の関係!効果はどうなの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください