【徹底解説】筋トレと筋肉痛の関係!効果はどうなの?

 

【徹底解説】筋トレと筋肉痛の関係!効果はどうなの?について解説します。

 

筋トレをしている方にとって筋肉痛は避けては通れないことですよね。

でも実際のところ筋肉痛と筋トレはどういう関係があるの?

と疑問を持ったことのある方もいると思います。

筋肉痛にならないと筋トレをした効果がないとか、筋肉痛は正しい筋トレをできていないからなるとか・・・

関連記事 【徹底解説】筋トレは毎日はダメ?超回復の意味と適切な頻度とは?

様々な噂が飛び交っていますよね。

今回はそんな筋肉痛について書いていこうと思います。

筋肉痛とはなんなのか?

そもそも筋肉痛とはなんなのでしょうか。

筋肉痛について書いていきましょう。

 

筋肉の炎症による痛み

実は筋肉痛というのは実は化学的には解明されていません。

以前までは疲労による乳酸の蓄積によって引き起こされるものだと言われていました。

しかし最近になり新たな説が出てきました。

その新たな説というのは諸説ありますが、筋肉痛は筋肉を作っている筋繊維が破壊され炎症を起こしている状態だと言われています。

筋繊維というのは筋肉そのものではなく筋肉を構成している多くの細胞のことです。

これが破壊され治る時に炎症が起こり筋肉痛になると言われています。

筋肉痛には種類がある。

あまり知られていませんが筋肉痛には実は種類があります。

その種類は二つあると言われています。

 

即発性筋痛

読んで字の如くすぐにくる筋肉痛のことです。

運動した直後や早い時には体を動かしている時に起こる事もあります。

疲労物質の水素イオンと呼ばれるものが発生することによって引き起こされます。

こちらはあまり一般的ではないでしょう。

 

遅発性筋痛

一般的に言われている筋肉痛はこの遅発性筋痛です。

運動してから数時間〜数日後に起こります。

今回はこの遅発性筋痛について書いていきます。

 

筋肉痛のときにトレーニングしていいの?

みなさんが気になることはここだと思います。

筋肉痛のときにトレーニングしていいのか。

その疑問を解決していこうと思います。

関連記事 【効率アップ】筋トレのインターバルについて【解説】

強度や回数を下げるのが得策。

筋肉痛のときには激しい筋トレは控えるべきでしょう。

普段扱っている重量よりも軽い重量に切り替えたり回数を減らしたりしましょう。

さらに激しい筋肉痛の場合は休む事も視野に入れましょう。

痛みによっていくつかの弊害があります。

その中でも最も大きくトレーニングに支障をきたすのが可動域が狭まってしまう事です。

筋トレの基本は収縮させて伸展させることの繰り返しです。

この領域が広ければ広いほど効果は期待できます。

筋肉痛のときはこの可動域が狭くなってしまうので筋トレの効果が薄くなってしまうことでしょう。

さらに、痛みによって筋力も落ちてしまうので扱える重量も下がってきます。

そうなるとさらに筋トレの質は下がってしまいます。

なので基本的には筋肉痛の時の筋トレは控えた方がいいと思われます。

 

部位を分けてトレーニングする。

かといって筋肉痛のときにトレーニングを控えていては一向に筋肉は成長しません。

筋肉痛でも効率的に筋トレをする方法があります。

それは筋トレする部位を分けることです。

胸筋が筋肉痛のときは足の筋トレをするなどして筋肉痛以外の部位のトレーニングをしましょう。

またこの時のポイントとしましてはなるべく遠い部位を鍛えることです。

近くの部位だと干渉してしまい少し刺激が入ることがあり満足なトレーニングができない場合があります。

なるべく干渉しない部位の筋トレを日ごとに分けて筋肉痛になるまで追い込みましょう。

筋肉痛とうまく付き合っていく

筋肉痛は筋トレをしていく上で避けては通れないものになります。

また、巷で噂の筋肉痛にならないと意味がない!というのは真っ赤な嘘ですので安心して下さい。

しかし筋トレの強度が正しいかどうかの指標にはなります。

まとめていきます。

ポイント

①、筋肉痛のときは強度や回数を下げてみるて、必要があれば休む。

②、部位を分けて筋肉痛のローテーションを意識する。

 

上記のことを意識して筋肉痛とうまく付き合っていきましょう。

筋肉痛を目指して筋トレしていきましょう。

人気記事 筋トレを1年継続した場合の筋肉量は?変わらない理由は?

関連記事 【効率アップ】筋トレのインターバルについて【解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください