飯塚幸三はクボタの元副社長?顔画像有

2019年4月19日(金)に起きた悲劇の事故の犯人が特定したようです。

それは飯塚幸三という人物です。

飯塚幸三はクボタの元副社長?をされていたそうで・・

いろいろな意味で悲しい結末に・・

飯塚幸三の顔画像を入手しましたのでご覧頂ければと思います。

事故の真相は?

まずは今回の事故のニュースについて紹介します。

事故後いろいろな情報が出回っているみたいです。 

東京・池袋の交差点に80代の男性が運転する車が猛スピードで突っ込んで自転車をはねた後、ごみ収集車に衝突して複数の歩行者が巻き込まれ、3歳の女の子と30代の母親が・・・

事故現場は首都高5号線の真下、南池袋の交差点。もう一つ前の横断歩道がある交差点でも高齢男性を事故車はひいています。さらに、一つ前でもガードレールにぶつかっているという事故があったという状況でした。
事故現場の状況は、1台の車が交差点で止まっているので進行方向の信号は赤だったのではないかということが推測されます。そこを事故車が一番左側の車線を相当なスピードで突っ込んできます。ちょうどその時、横断歩道を自転車が渡ろうとしていて、この自転車を車がはねる形になります。車が進んできたところをごみ収集車が右折してくる形でぶつかります。このごみ収集車は左回りに反転して止まり、車は反時計回りになって止まったことが映像と目撃者の情報などから分かってきました。運転していた80代の男性は病院に運ばれて軽傷だということですが、大勢のけが人、2人の命が奪われるという大きな事故が発生してしまいました。

 

引用元 テレ朝ニュース

飯塚幸三の経歴や顔画像

暴走事故を起こした運転手

 

名前:飯塚幸三(いいづか こうぞう)

年齢:87歳

職業:無職

在住:東京都板橋区弥生町

学歴:東京大学卒業

資格:工学博士

職歴:工業技術院長、国際度量衡委員、国際度量衡委員会副委員長、計量研究所長、国際計測連合(IMEKO)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、機械振興協会副会長、日本規格協会理事、(株)クボタ副社長

 

経歴としてはクボタの副社長をされていたようで,天下りの道を進む方だという事が分かります。

今回の事故ではアクセルが戻らなかった?などと発言しているようですが,やってしまった事には違いないので尊い命を失った事に対してまずは反省をしてもらいたいと思いました。

画像

品のある方ですね?

公演なども行っているようで,各窓口にはすぐに入り込めるような方のようです。

どうやら逮捕されない理由は天下り人生でもみ消しにされるのでは?という噂もあります。

日本の未来ある方々がこの世を去ってしまった事の方が重要な事ですからね。

まとめ

飯塚幸三氏について紹介しました。

なぜ、高齢者による事故が減らないのか?

またこれからも増え続けてしまうのか?

 

尊い命を守る為にもしっかりとした制度が必要かと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。