茨城の温泉日帰り施設ランキング!

茨城県というとどのようなイメージがあるでしょうか?

観光や温泉や特産品や海、茨城の魅力は沢山あります。

今回は皆さんが茨城県に来られた際に日帰りで入れるおすすめ温泉をランキングにしてみました。

ぜひ、来られた際は温泉で一息ついてみてはいかがでしょうか?

日帰り温泉の楽しみ方と注意点

日帰り温泉を楽しむ方法は?

意外と女性の方にとっては化粧直しをしないといけかったり、着替えを持っていかないと行けなかったりと面倒に感じてしまう事もあるかと思います。

折角観光に行くんだったら楽しみたいと思いませんか?

 

まずは、日帰り温泉を一倍も二倍も楽しむポイントを紹介します。

なかなか自分では考え付かないポイントがあるかもしれませんのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

①食事を楽しむ

特に最近の温泉施設では食事も充実しています。

コストも安く、高級レストラン並みのメニューやバイキングなども出来る食事処が多くなっています。

 

食事にも重点をおいてみてはいかかでしょうか?

 

②温泉情報チェック

温泉を選ぶ際には必ず情報をチェックしましょう。

休館日や入浴時間を必ずチェックしておき、行ったら休みだった?という事のないように情報のチェックは必要です。

電話やホームページなでチェックをされるのがおすすめです。

 

温泉の効能などもチェックしておくと自分の好みに合わせられますよ。

 

③予定を詰めすぎない

せっかく行くのだからたくさんの施設の温泉を周りたいと思われる方も多いのでは?

しかし、無理をして入り続けたり、急いで入ると結果的に体には良くありません。

 

のんびりとゆっくり気持ちを落ち着かせて温泉を楽しむのをおすすめします。

 

④温泉グッズにこだわる

温泉施設でも最低限の物は準備されています。

ですが、自分の好みの物を準備して行くと妥協せずに温泉を楽しむ事ができますよ。

  • フェイスタオル
  • ヘアゴム
  • 手ぬぐいや大きめの巾着袋
  • Tシャツ
  • シャンプー・リンス・ボディーソープ
  • スキンケア用品
  • 化粧品 

 

巾着袋は必ず用意して人の目が気になる温泉には必須ですね。 

 

⑤車内には温泉グッズを常備しておく

忘れる心配も無くなるので必ず車内には置いておくようにしましょう。

もしのも備えとしても活用できるかも?

忘れて嫌な思いをするより、常備しておけば地方に行った際に気軽に日帰り温泉を楽しめるようになりますよね?

 

⑥温泉施設の特典を利用する

クーポンやサービス券を発行している施設をチェックしておき利用するようにしましょう。

やはり、50円でも100円でも入浴代や食事代が安くなったりしたら嬉しいですよね?

入浴の際の注意点は?

 

それぞれの施設で入浴の際の注意点は変わってきます。

しかし、温泉を入る時の一般的なマナーは変わりませんので少し紹介をさせて頂きます。

年齢制限をチェック

オムツが取れていても年齢のみで断られる可能性がありますので事前にチェックをされていた方がスムーズに入浴できます。

せっかく行ったのに子供だけ入れないなんて事がないようにしましょう。

 

小銭を用意と貴重品の管理

貴重品は盗難に合う可能性がありますので、必ずコインロッカーなどに入れるようにしましょう。

また入浴後に、コーヒー牛乳やお茶を飲む際には小銭があると便利です。

 

かけ湯をする

温泉のお湯はかなり熱い可能性があるので急に入ってしまうと湯あたりの原因になってしまいます。

 

必ずかけ湯をしましょう。

順番としては足からかけ、体にお湯をなじませる事で湯あたりの防止になります。

 

タオルは湯船に入れない

・身体に巻いて入るなど浴槽内にタオルをつけるのはNGです。

・湯が行き来する湯渕に置くのもNGです。

 

タオルに雑菌が付いている可能性があるので基本のマナーです。

 

汗は流してから水風呂に入る

湯船に入っていると汗をかきます。

そのまま水風呂に入ると・・・老廃物やはがれた角質が入った汗が水風呂の中

に入ってしまうので必ずかけ湯やシャワーで身体を流してから入るようにしましょう。

 

以上のような注意点を参考に楽しく、地元の方や先客の方との会話も楽しみ温泉に入ると気持ちもリフレッシュする事間違えないです。

 

それでは本題の茨城の日帰り温泉についての紹介に続きます。

 

日帰り温泉ランキング!

茨城県は関東地方の北東に位置します。

東は太平洋に面しており、県庁所在地は水戸市です。

都道府県人口は全国11位で全国から見るとトップ10に近い人口があります。

縦に長い?イメージがあるかと思いますが、県北から県南に温泉施設が多数ありますので紹介していきます。

地域別温泉施設数トップ5

順位 地域
第一位 奥久慈(大子町) 40施設
第二位 北茨城 26施設
第三位 鹿島(茨城) 17施設
第四位 大洗 13施設
第五位 水戸 12施設

上記が地域別の施設数になります。

 

圧倒的に大子町の奥久慈が茨城県の中では温泉の地域として有名な場所になります。

袋田の滝を観光目的に来られる方も多いのではないでしょうか?

日帰り温泉ランキングトップ5

とても人気のある温泉施設をランキングにしてみました。

ぜひ、気に入った場所をチェックしてみて下さいね。

第1位 大子温泉 やみぞ

引用元 るるぶモール

  • 住所 茨城県久慈郡大子町矢田524-2
  • 電話 0295-72-1511
  • 時間 11:00~20:00
  • 料金 400円~ ※時間帯によって変わる
  • 効能 神経痛,切り傷,婦人病
  • 特徴 りんご風呂(9月~1月)
  • 口コミ 袋田の滝から立地がいい。従業員の方が優しいなど。

 

第2位 湯楽の里 日立店


引用元 ゆーゆ

  • 住所 茨城県日立市河原子町1-1-6
  • 電話 0294-25-4126
  • 時間 9:00~深夜1:00(最終受付0時) 
  • 料金 入浴 700円~ 岩盤浴 400円~
  • 特徴 スーパー銭湯だが絶景の展望露天風呂あり
  • 口コミ 露天風呂が絶景という声が多数あります。

 

第3位 潮騒の湯 

引用元 じゃらん

  • 住所 茨城県東茨城郡大洗町大貫町256-25
  • 電話 029-267-4031
  • 時間 10:00~23:00(最終受付22時30分) 
  • 料金 入浴 800円~
  • 効能 火傷,運動麻痺,打ち身,消化器病,捻挫,五十肩,冷え性他
  • 特徴 露天風呂,ジェットバス、サウナ
  • 口コミ 大洗の海を見ながらの露天が最高!

 

第4位 阿字ヶ浦温泉 のぞみ

引用元 ニフティ温泉

  • 住所 茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町3290
  • 電話 029-265-5541
  • 時間 10:00~22:00 
  • 料金 入浴 900円~
  • 効能 切り傷,筋肉痛,関節痛,皮膚病,婦人病,冷え性
  • 特徴 檜風呂、露天風呂,貸切風呂、サウナ
  • 口コミ お風呂が楽しい、狭いけどギッシリだった。

 

第5位 袋田温泉 思い出浪漫館

引用元 Relux

  • 住所 茨城県久慈郡大子町袋田978
  • 電話 0295-72-3111
  • 時間 11:00~14:30 
  • 料金 入浴 1000円~
  • 効能 運動麻痺,打ち身,消化器病,神経痛,捻挫,筋肉痛,関節痛他
  • 特徴 露天風呂,源泉かけ流し
  • 口コミ 穴場かも?強アルカリ泉がいい!

 

以上が県内でもっとも人気のある日帰り温泉施設になります。

施設の特徴は様々で、露天風呂があったり海が眺められたりと海に面した県だから味わえる温泉施設が上位にあがっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

茨城県の魅力が少しでもお伝え出来たら幸いです。

ぜひご夫婦やカップル、家族などで気軽に日帰りの温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

意外と温泉巡りをするのが趣味になるかもしれないですよ?

 

ぜひこちらの記事もチェックして見てくださいね?↓

茨城県観光ランキング秋・冬行くなら?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。