ラグビー「ハカ」ダンスの意味とは?各国の動画も紹介

ラグビーワールドカップ2019が開催されております。

日本代表は好発進を見せてくれましたね?

その中でも観客や相手に対しての迫力のある「ハカ」ダンスが何かと話題になっています。

今回は「ハカ」ダンスの意味や各国の「ハカ」動画をお伝え出来れば幸いです。

では早速見ていきましょう。

ラグビー「ハカ」ダンス意味とは?

「ハカ」ダンスの意味が分かれば選手達を見る目も変わります。

「ハカ」ダンスの意味はニュージーランドのマオリ族の民族舞踊です。

主に男性が踊る民族舞踊で,マリオ族の戦士が戦い前に手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を示す,相手を威圧する民族舞踊です。

試合前にハカを舞う意味は、オールブラックスはこの対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意が込められている。

 

確かに,試合前に相手チームの目の前で「ハカ」を披露するので意味が繋がりました。

ニュージーランドではラグビー以外でも披露されるようで,国賓などを歓迎する舞としても披露されています。

実際の動画はこちら↓↓

もちろん皆さんがご存知の通り,ラグビーではニュージーランド代表が「ウォークライ」(戦いの雄叫び)がとても印象的です。

日本語では鬨の声と呼ばれるそうです。

ラグビーとの関係は?

伝承によるとラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)のハカのカマテは1810年にンガティトア部族長のテ・ラウパラハが踊った事が発祥の理由。

テ・ラウパラハは摘に責められながらも,地下の食料庫に隠れたそうです。

しかし,目の前に出くわしてしまったが,幸運にもテ・ラウパラハと親しい部族の長だったそうです。

この時の感謝の気ちを表現して踊ったのがカマテと言う。


1905年にオールブラックスが戦いの踊りの要素を取り入れたのが初めての踊りとなり以後代表チームに継承されてきたという歴史があります。

ハカを先導するリードは伝統的にマオリ族の血筋を引く選手が行っている

 

各国のハカダンスを紹介

では各国のラグビー「ハカ」ダンス動画を見ていきたいと思います。

ハカ動画

ニュージーランド代表(オールブラックス)

 

✔フィジー「シビ(Ci bi)」

 

✔サモア「シヴァタウ(Siva Tau)」

 

トンガ「シピ・タウ(Sipi Tau)」

 

番外編 伏見工業高校ラグビー部

 

情報が入り次第追記していきます。

対決編

ニュージーランド VS トンガ

 

ニュージーランド VS フィジー

 

ラグビー「ハカ」ダンスの意味とは?まとめ

やはりニュージーランド代表オールブラックスの「ハカ」は素晴らしいですね?

何回見ても鳥肌が立つぐらい迫力や強さを感じます。

ラグビーワールドカップ2019年の優勝国は一体どのになるのか?

試合の中継なども是非楽しみたいと思います。

皆さんも是非各国の「ハカ」について参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。