ガルシアの登場曲や楽曲は?速球派のリリーフとして活躍

 

190cm、102kgの巨漢から繰り出す速球派投手。中日時代は先発で13勝をあげるなど大活躍。

 

移籍した2019シーズンは、春先は首脳陣から先発左腕投手として大いに期待されたが活躍できずに2軍落ちを経験した。

 

しかし、その後はロングリリーフや中継ぎで活躍。抑えのドリス投手や藤川投手につなぐまでの試合を作り、阪神のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。

 

この記事ではガルシア選手の登場曲や楽曲・経歴・人物像・成績をご紹介いたします。

 

登場曲や楽曲を紹介

 

ガルシア投手の登場曲や楽曲についての紹介になります。

 

巨漢速球派投手として活躍を今後も期待したいと思います。

 

 

登場曲


SuperBien 「El Taiger & Dj Conds」

 

楽曲

 

 

ガルシア投手の出身地のキューバ音楽のようです。

 

日本人選手には少ないラテンなリズムの音楽なので、球場の日本のファンはリズムに乗り切れていない印象ですW

 

プロフィールや人物像は?成績なども一挙紹介

 

 

プロフィール

 


生年月日:1989年8月2日 (30歳)

本名:オネルキ・ガルシア 

出身:キューバ・グァンタナモ州

投打:左投げ左打ち

身長:190cm

体重:104kg

血液型:不明

趣味:不明

球歴:エスクエラ・エスパ高-キューバ・インディオス・デ・グアンタナモ-ドジャース-ロイヤルズ-3Aオマハ-中日-19年阪神入団

 

人物像

 

キューバ出身で2010年に米国に亡命した経歴を有する。

 

昨年の来日時は金髪のモヒカンだったが、好不調にあわせ、真っ赤なモヒカンにしたり、丸刈りにしたり、度々、奇抜な髪型にイメチェンするガルシア投手。

 

性格は至って真面目で研究熱心だが神経質な一面がありそう。

 

風の影響を受けないドーム球場での投球を得意とし、昨年の中日在籍時は13勝のうち12勝はナゴヤドームと東京ドームであり、移籍の際には阪神での活躍を疑問視する意見もあった。

 

ラテンの選手は高年俸になると活躍しないケースがある。

 

成績

 

最速155kmのストレート、打者の手元で微妙に揺れ動く変化球が持ち味。黙々と練習する姿にメッセンジャー投手も「彼は活躍する」と太鼓判を押していた。

 

阪神では先発左腕の投手としてローテーションの一角を期待されていたが矢野監督の方針で中継ぎに降格。

 

その後、ロングリリーフなどの活躍の場を見出した。昨シーズンはオールスターゲームにも選出されており、来シーズンこそ先発復帰を期待したい。

 


・今シーズン:試合21、防御率4.69、勝利6、敗戦8

・通算成績:試合48、防御率3.64、勝利19、敗戦17

 

ガルシアの登場曲や楽曲は?速球派のリリーフとして活躍まとめ

中日ドラゴンズから阪神タイガースへ移籍となりましたが,速球派ロングリリーフとしての活躍が今後も楽しみです。

 

個人的には先発での登板も見てみたいところですが,阪神首脳陣はどのような采配を考えているのでしょうか?

 

2019年はクライマックスシリーズ進出を果たせたのもガルシア投手の戦力も非常に重要なポイントとなったのではないでしょうか?

 

来シーズンは更なる躍進をしてほしいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。