藤川球児の登場曲/歌詞2019を紹介!火の玉ストレートを貫く

 

藤川球児選手は、火の玉と呼ばれる最速156kmの球速が魅力のストッパー。

 

阪神でも守護神として君臨し、首脳陣やファンの信頼が厚い。

 

この記事では、藤川球児選手の経歴・人物像・成績、応援歌をご紹介いたします。

 

藤川球児の登場曲2019/歌詞や楽曲を紹介

藤川球児選手と言えば一度メジャーにも挑戦をし,2016年に古巣阪神タイガースに戻りストッパーとして活躍をしています。

 

まだ現役を続けるだけの火の玉と呼ばれるストレートを武器に阪神タイガースの抑えとして活躍してほしいですね?

 

では藤川投手のカッコイイ登場曲を紹介したいと思います。

 

歌詞

 


歌手:LINDBERG

曲名:「every little thing every precious thing」

歌い出し:震えるつま先高なる鼓動・・・

参考:Uta-Net

 

楽曲

 

 

藤川選手が高校時代に好きだった曲が「every little thing every precious thing」

 

藤川選手の登板がアナウンスされると、球場のファンはメガホンを振って歓迎。

 

リンドバーグのボーカル渡瀬マキが病気の際にはマスコミを通じて激励のエールを贈った。とても心優しいストッパーです。

 

では続いては藤川投手のプロフィールなどをご存知でない方の為に一挙に紹介をしたいと思います。

 

プロフィール・人物像・成績一覧

 

本当に火の玉を目の前で見た方ならわかると思いますが,CGのような球がホップする速球には鳥肌が立ちました。

 

打者にとっても藤川投手の全盛期の時には打てる人はそんなにいなかったのではないでしょうか?

 

藤川投手について見ていきましょう。

 

プロフィール

 


生年月日:1980年7月21日 (39歳)

出身:高知県高知市

投打:右投げ左打ち

身長:185cm

体重: 89kg

血液型:A型

趣味:グルメツアー

球歴:高知商(甲子園出場経験有)-98年阪神ドラフト1位-カブス-レンジャーズ-四国ILplus・高知-16年阪神復帰

 

人物像

 

芸能人の広末 涼子とは中学の同級生。

 

入団の際に広末涼子から激励の手紙を受け取ったことこそ話題になったが、数年間は芽が出ず。

 

投球フォーム改造と中継ぎ転向が契機となって大ブレイクし、2005年、J(ジェフ・ウィリアムス)F(藤川)K(久保田)として阪神の勝利の方程式の一翼を担った。

 

中学時代には川に転落した男性を救助して感謝状をもらったことがある。

 

成績

 

生涯防御率1点台を目指している。

 

現在の球速は150kmに届かず、今シーズン当初はロングリリーフ、敗戦処理としての登板もあったが、チームのために献身的に働き最終的にはストッパーの地位に返り咲き。

 


・今シーズン:防御率1.77、勝利4、敗戦1、セーブ 16

・通算成績:防御率2.02、勝利59、敗戦35、セーブ241

・獲得タイトル:最優秀中継ぎ(05年、06年)、最多セーブ(07年、
12年)

 

藤川球児の登場曲/歌詞2019を紹介!火の玉ストレートを貫くまとめ

藤川球児選手の登場曲や楽曲などを紹介させて頂きました。

 

生涯防御率1点台を目指しているという事で阪神タイガースのストッパーとして活躍をこれからも見せてほしいと思います。

 

同じ世代が引退や戦力外を受けている中で実績を少しずつ積み上げている藤川投手は阪神首脳陣にとっては大切な存在になっているのでしょうね?

 

2020年のシーズンは火の玉の進化を見たいところです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。