冬キャンプの寝るときの服装や注意点は?

初心者

キャンプといえば、子供の頃から夏休みの楽しみなイベントの中の1つで、昔から夏のイメージが強かったと思いますが、通なキャンプ好きの人達の間では、実は秋から冬にかけてのキャンプが1番楽しいといわれています。

理由は人それぞれあると思いますが、冬のキャンプの特に良い所は「虫が少ない」「料理が美味しい」「星空がキレイ」等と結構あるようです。

しかしキャンプ初心者にとっては、冬のキャンプ場の「寒さ」というのは少し怖く感じてしまい、下手したら凍死するんじゃないかと、考えている人といるのではないでしょうか?

全くそんな事はありません。そしてこの記事ではそんな心配をしている、キャンプ初心者の皆さんに冬キャンプの服装や注意点等を、皆さんにわかりやすく紹介して、冬キャンプを楽しんでいただきたいと思っていますので、是非最高まで見て頂きたいと思います。

冬キャンプの服装

キャンプ初心者にとっての冬キャンプ1番の心配事といえば、やはり「寒さ」ではないでしょうか?しかし逆にいえばその寒さを克服する事ができれは、後は冬キャンプを楽しむだけなので、皆さんでしっかりと寒さ対策を行なって下さい。

冬キャンプの服装選びのポイントは、「防風」「撥水効果」「フード付」のジャケットがいいと思います。

そして、そんなポイントを押さえた「ダウンジャケット」購入すれば、何の心配する事なく「冬のキャンプでも暖かくて過ごせる!」と考え、寒さに強いダウンジャケットを着がちですが、常に焚き火を焚いている冬キャンプでは、火の粉が多く飛んでますので、その火の粉がせっかくの高級ダウンジャケットに穴が空いてしまいます。

せっかく買ったダウンジャケットに、いきなり火の粉で穴が空いてしまったら、一気にテンションが下がってしまい、冬キャンプの楽しさも反撃してしまいます。

ですのでダウンジャケットではなく、綿素材のジャケットを選ぶが、ダウンジャケットの上に2サイズ大きめの綿ジャケットを羽織って、火の粉対策をするのも良いかと思います。

冬キャンプで寝る時の服装

キャンプ場とはいえ自然が相手ですから、冬キャンプの屋外テントで寝るには色々と対策が必要です。

トレーラーハウスコテージを利用すれば、全く寒さの心配する事なく冬キャンプを楽しむ事ができますが、それではなんとなく「物足りないんじゃないか」と感じてしまうキャンプ初心者の方々もいると思います。 

屋外のテントとはいえ、しっかりと寒さ対策を行えば、テントで寝る事は充分可能です。

屋外でテントを貼って寝る事はキャンプの醍醐味なので、しっかりと寒さ対策を万全にして、冬キャンプのテント生活を楽しんでほしいと思います。

高価なジャケットを着れば大抵の寒さは大丈夫だと思いますが、いくら寒さ対策とはいえ余程の事がない限り、ジャケットを着て寝る訳にもいきません、やはり快適に寝るためには動き易い服装が1番良いと思います。

最近よく売られている、ヒートテックやサーマルはとても優秀なので、それらを着れば大体大丈夫ですが、それでも心配ならば重ね着するのも良いかと思います。

ヒートテック、サーマルは必ず消臭効果や防風性の高い商品を選んで下さい。そうすれば冬だけでなく春、夏、秋と全シーズン使う事ができます。

さらにダウンソックスやカイロを準備すれば寒さ対策はバッチリです。

キャンプ専門店以外でもお得に購入できます

ミレー、ザ・ノースなど有名ブランドでビシッとキャンプの服を揃えてもカッコいいですが、そんな商品はお値段が高いのも事実であります。

「そんか高い商品ちょっとなー」と考えているキャンプ初心者の皆さんには、凄くお得なお値段なのに、更に驚きの高機能な商品が揃っている外で働く作業者の間ではお馴染みの「ワークマン」で購入してキャンプ着を揃えるのもいいかと思います。

元々が外で仕事する人を対象にした商品を揃えていたので、夏にも冬にも強い服が揃ってますので、キャンプに行く人にも全く問題無く使えますし、最近では普段着としても使えるオシャレな作業服も多数揃っていて、多くのバイク乗りにも愛用されています。

そんなワークマンでの商品の1つ透湿防水防寒ストレッチジャケットは防寒力が高いのは当たり前ですが、撥水性も優れていて少しくらいの雨なら全く問題なく雨を弾くので、山のキャンプ場でよくある急な雨にも対応できます。

その他にもこのジャケットには、フードと大きなポケットがあり、背中には反射プリントもあって、こんなに高機能なのに普段着としても使えるオシャレな見た目と、多くのカラーの種類を揃えて、なんとそのお値段は3900円とお買い得です。

正直こんなにコスパが良い事に驚きますが、キャンプに行かない時でも使えますので、キャンプ初心者にはありがたい商品だと思います。

キャンプ初心者寝る時の寒さ以外の注意点!

今までの説明で寒さ対策のイメージはできたと思いますが、冬キャンプで寝る時の寒さ対策以外にも注意する事があります。

食べ残しを片付けないで寝るのは、絶対にしないで下さい。キャンプ場には自然が多いので野生動物も居る事を忘れないで下さい。

自然を楽しむキャンプですから、ゴミを片付ける事が出来ない人に、キャンプに行ってほしくないですよね。

寒いからテントの中で、石油ストーブを使用する人もいますが、一酸化炭素中毒には細心の注意が必要です。

心配ならば、一酸化炭素チェッカーも売ってますので、それらを購入するのもいいかと思います。

冬キャンプの寒さ対策として、ウールのブーツを履いてくる人もいると思いますが、履いている時は暖かく問題ないですが、寝る時に外へそのまま放置しておくと、深夜の寒い時間にウールに付着した霜が凍って朝起きてブーツをみてビックリしてしまいます。

冬に凍ったブーツなんて、とても履ける代物ではありません。

凍ってしまって困る物は、車の中に保管するのがいいと思います。

冬キャンプ初心者寝る時、服装まとめ

高いブランドの服を揃えなくても、オシャレで高機能な服が揃ったワークマンはとても便利です。

最近ではワークマン女子なんて言われいる人も存在するほど、一昔前とは違いオシャレな作業服が揃っています。

どうせキャンプに出掛けるのならば、オシャレに決めて楽しみたいものです。

冬ならではのキャンプの楽しさを味わうために、しっかりと冬対策の準備して、そして皆んながキャンプ場でのマナーを守って、冬キャンプを楽しんで下さい。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました