キャンプで使うバーナーの選び方は?初心者におすすめ

初心者

自然を満喫して普段と違う日常を味わうキャンプですが、そのキャンプでの楽しみの中でも1、2を争うのがキャンプ料理の時間だと思います。

最近ではキャンプメシとも呼ばれいて、キャンプ中のメインイベントと言ってもいいキャンプ料理を楽しむ時間ですが、料理を作る時に絶対に欠かす事ができないバーナーを紹介したいと思います。

キャンプ初心者の自分にはどんなバーナーがどんな機能があり、何を持っていけばいいのか、イザ購入しようと思っても、色々な種類のバーナーがあり迷ってしまいます。

迷うのが面倒くさくなってしまい、「普段家庭で使っている、カセットコンロを持っていけばいいんじゃないか!」とそんな事を考えてしまいますが、それでは元も子もありません。

せっかくキャンプで非日常を味わいに行くのですから、キャンプらしくて、家族や友人にも「オッ!」と思われるようなバーナーを持っていって、少し優越感のあるキャンプを楽しんでみて下さい。

バーナー選びのポイント

キャンプ初心者でバーナー選びの大事なポイントは、「着火しやすい」「風に強い」「五徳の安定感」「収納」です。

このようなポイントを押さえてから後は、「値段」「デザイン」「ブランド」と決めていけばいいかと思います。

バーナーで使用するガス缶も、家庭のカセットコンロで使用しているCB缶と、アウトドア用のOD缶と呼ばれる丸い形をしたガス缶があります。

OD缶は安定感があり、寒い場所でガス缶か冷えても使用でる特徴があり、登山や本格的なキャンプに行く人達には欠かせないバーナーですが、キャンプ初心者の方は、ガス缶を忘れた時やガスが無くなった時でも、近くのコンビニやスーパー等、何処でも売っているCB缶の方がいいかと思います。

1人キャンプのお勧めバーナー

「SOTOのGストーブ」は火力が強く、とてもコンパクトに収納できるので場所をとらず、普段使用していないときや、キャンプ場へ持ち運びにとても便利です。

何といってもCB缶を使用するので、キャンプ初心者にも安心してキャンプ料理を作る事ができて、値段も1万円を切るお手頃価格です、1人用の料理を作るには充分なバーナーです。

「スノーピークのHOME &Campバーナー」は、値段が1万5000円と少し高めですが、CB缶を使用できて、コンパクトな収納は当たり前ですが、更に火力も強く五徳が2段回で延びることによって安定感が増して、大きめの鍋が調理できますので、ワンランク上のキャンプ料理を作る事ができます。

家族や友人との大人数でのキャンプお勧めバーナー

家族や友人達と出掛ける大人数でのキャンプでは、火口が2つあるツーバーナー式を使用する事をお勧めします。

火口が2つあれば片方でお湯を沸かす事ができて、もう片方では肉を焼くと言った効率良く料理を作る事ができますので、大人数キャンプでは是非ツーバーナーを利用して効率良く料理を作ってほしいと思います。

小さい子供はキャンプ場でテンションが上がってしまい、普段よりも遊びに夢中になり、お腹が減る事が早いのは間違いないです。

そんな時にツーバーナーでキャンプ料理を作れば、大人も子供も快適なキャンプを楽しむ事ができると思います。

「SOTOハイパワーツーバーナー」は重量は5.1キロで収納時の幅は55センチと驚きのコンパクトサイズなので、場所を取らす持ち運びも苦になりません。

料理する時は、通常のCB缶でもいいですが、この商品専用のパワーガスCB缶を使えは更に火力がパワーアップするので、料理時間が短くなります。

値段も16000円位で購入できて、この値段で大人数キャンプで利用できますので、まあまあお得な値段だと思います。

「ユニフレームのツインバーナー」は、お値段が約2万3000円と少し高めの値段です。更に専用のCB缶コンロを使用しなければならないという少し面倒な所もありますが、火力の持続力がとても長く、更に料理中には細かい火力調整ができてとても便利です。何より安定感が抜群で、あの重たいダッチオーブンを乗せる事ができますので、ダッチオーブン料理を作って盛り上がる事は間違いないです。

ガス以外にも、こんなバーナーもある

キャンプで料理する時の火といえば、炭やガスが定番だと思いますが、他にもアルコールを使ったアルコールバーナーや、更にキャンプ上級者になればガソリンを使ったバーナーもあります。

ガソリンを使用したバーナーは火力も強く、かなり寒い場所でも使用できるので、かなりの上級者向けのバーナーかと思いますが、この記事は上級者向けの記事ではないので、ガソリンバーナーの紹介は省かせていただきます。

初心者の皆さんがキャンプに少し慣れてきた頃に、ガス以外での調理を楽しみたいと思った方は、アルコールバーナーを使って料理すれば、キャンプの新しい楽しさを発見できるのではないでしょうか。、

アルコールバーナーは値段が安く、半世紀以上も前から使われているバーナーで、その形状に何とも言えない味があり、特に1人キャンプで使用すれば自己満足かもしれませんが、キャンプの醍醐味を堪能できる事は間違いないです。

キャンプ初心者バーナー選びまとめ

その日のキャンプでの満足感を左右すると言っても過言ではないキャンプ料理ですが、そのキャンプ料理を成功させるために欠かせないバーナー選びはとても重要だと思います。

購入前に自分自身で、ある程度の知識を入れてから、予算と相談して自分に合ったバーナー選びを楽しんでほしいと思います。

その時には、これまでの記事を少しでも参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました