盆栽松の種類と見分け方!初心者必見!

盆栽をやられている方や盆栽をこれからやりたいという方へ盆栽松の種類と見分け方について紹介していきたいと思います。

初心者の方は特に松にも種類があるためなかなか見分けが付かない場合があるかと思います。

私の父は30年近く盆栽が好きで栽庭に置ききれない程の数を管理していますので多少の経験はございます。

こちらを見て頂けたら必ず見分けが付くような内容になっていますのでぜひ参考にしてみてください。

松の種類や特徴は?

実際に松とは何種類あるのか?

そしてどのような見方をすれば見分け方が分かるのか?

まずはそちらを紹介していきたいと思います。

松の種類と言っても日本だと約8種類になります。


クロマツ


マツ科の常緑高木。東北地方から九州地方の海岸沿いに生息し、樹皮は黒色で、亀甲状に裂けている。

葉は2枚ずつ対につき、針のように堅い。

春頃から、雌花と雄花とをつける。

材は建築がメインで、樹油は燃料などに使用されている。

別名としては雄松(おまつ)とも呼ばれています。

アカマツ

皆さんが良く見ている松の一つで、二葉松に属する雌松です。

アカマツ=樹皮が赤いのが特徴のひとつです。

細くて柔らかい葉に触ってもクロマツに比べると痛くありません。

日が当たる所が好み、種から育つのに約3年はかかるが、それ以降伸びて来る

ヤニ臭がするのが特徴です。

ゴヨウマツ

高さは15m~20m以上になり、樹冠は円型で不規則に生長する特徴があります。

樹皮は明るい灰色で針葉は青緑色で長さは約6cmで5枚が束生している。

夏場や冬場の気候にも強く、特に盆栽にする人が多いゴヨウマツです。

それ以外の松の種類

チョウセンゴヨ

北東アジアが原産で、ゴヨウマツに似た樹皮の色と針葉になっている。

建築関係の材に良く使用されている。

その他に種子は漢方薬にも使用されている。

カラマツ

日当たりの良く乾燥した場所を好み、樹高は大きな物で40mもにもなる。

日本の針葉樹の中では落葉性のあるのはカラマツだけである。

造林するのに用いられる一種である。

北海道に生息する松の種類

エゾマツ

木目が一直線になっておりとても綺麗なのが特徴。

樹高は約40m程になる物もあり、家具や楽器などに使われる用途がある。

北海道の木としても有名である。

アカエゾマツ

樹高は約40m以上にもなり、幹は黒赤褐色で樹皮はウロコ状になるのが特徴である。

花が咲くのは5月から6月頃になり、エゾマツに似ているが幹の色が赤くなっている事からアカエゾマツと呼ばれている。

トドマツ

葉が長く、Uの字の形になっているのが特徴。

樹皮は灰白色で、ツリー型とも呼ばれている。

盆栽を始めるには?基礎と育て方のコツ!

盆栽をやられている方やこれから始めようと思っている方へ手入れや枯らさないためにはどのような管理が必要なのか?を少しだけお伝えできればと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

基本樹形を知る!

直幹(チョクカン)

幹が真上に向かって一直線に伸びる

斜幹(シャカン)

幹が一方向に傾いている

模様木(モヨウギ)

太い幹が曲がりながら伸びる

双幹(ソウカン)

幹が根元から2本または3本に別れる

以上ような基本の呼び方があります。

盆栽をやる上でどの枝が重要なのか?という疑問が必ず出て来ると思うのでしっかり樹形を理解されておく事をおすすめします。

盆栽選びは?

盆栽を購入する際に考えて頂きたいのはやはり楽しみ方です。

初心者の方におすすめなのは、ミニ盆栽から始めると室内でも楽しめるのでとても盆栽を楽しめる物になると思います。

初歩的な事を養いながらステップアップしていく事をおすすめします。

鉢も小さい物を揃えるだけで、盆栽を低コストから始める事ができるので枯らしてしまう心配も無くできるのがミニ盆栽です。

室内で育てる場合の注意点

やはり植物は光合成が必要です。

ですので、室内で育てる場合は注意しないと元気が無くなってしまう原因にもなります。

やはり、適度な日当たりがあり出来る限り窓際に置くようにしましょう。

室内は窓がある為、日陰と一緒です。

枯らす事を避けたいのであれば、日当たりと乾燥を気にして管理された方が元気に育ってくれます。

エアコンの風が直接当たらない場所にも気をつけましょう。

盆栽で必要な道具とは?

最も重要なのは剪定などに必ず使うハサミです。

針金切りや枝又切りも一緒に用意すると必ず使い分けが出来るようになります。

道具リスト

  • ピンセット
  • 歯ブラシ
  • 土入れ
  • ふるい
  • 回転台
  • 針底網
  • 竹箸
  • じょうろ
  • 噴霧器    

以上が初級者として用意しておいた方がいい道具の種類です。

100円ショップなどでも揃える事が出来るのでコストは安く済みます。

盆栽の剪定

剪定とは・・・

主に樹の生育と実の出来具合を調整したり、枝葉の動きを変えたり正したりする作業を言います。

次の年の実や花をよく付かせる為にも選定は重要です。

剪定では切り落とす枝もあるが一方で切り落とすと枯らしてしまう重要な枝もあります。

主に選定する枝の種類

  • 車枝:枝や幹から何本も出ている枝
  • 逆枝:枝が逆の方向に出ている枝
  • 重なり枝:同じ方向に2本出ている枝

上の方が伸びが速い為短めにし、下の方は長めに切り取るのが基本です。

針金かけに挑戦

少し剪定も慣れて来たら針金かけに挑戦して好きな形にしてみましょう。

盆栽の全体図を想像してやさしく枝を曲げます。

注意しないと折れてしまう可能性があるので慎重に行って下さい。

針金の太さは枝の3分の1ぐらいの太さが最適です。

針金の巻き方としては右に曲げる時は右巻きにし、左も同様に巻くのが基本です。

巻き終わったら巻きたい方向へ導いてあげてください。

約十カ月以上針金で矯正すると好きな形に枝が出来ます。

これが結構楽しい作業になるので、こまめに枝をチェックして枝の矯正具合を確認してきましょう。


盆栽の販売所は?

園芸店や植物販売所などの専門店や盆栽を主に扱っている園芸店もあります。

最近ではインターネットなどで購入も出来るようになり手軽に盆栽を始める事も出来ます。

ネットでの購入で注意する事は良く相手の説明分をしっかり読み、盆栽の状態やどのぐらいの大きさなのかを確認してから購入しましょう。

まとめ

松の種類や見分け方、それから盆栽を始めるにはどのような準備が必要か参考になりましたか?

盆栽は楽しみ方、初級から上級までやり方が様々です。

長い年月をかけて育てる事の出来る盆栽は仕掛けや手入れによっては世界で一つだけの形に出来る趣味の一つや見せ物に出来ると思います。

ぜひ、一度興味を持ってやってみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。