縦カ-ブを投げる方法(小・中学生向け)

変化球の中でも最初に試したくなるのはカーブという人が多いと思います。

ストレートだけじゃなく曲げてみたい!そして三振を取りたい!などの気持ちを持った方は多いのではないでしょうか?

そんな中,実践では投げた事がない事や投げてもほとんど曲がらないという方への参考になればと思います。

では実際にカーブについてボールの握り方やフォームや練習をどうすればいいのかを簡単に説明していきます。

チェックしてみて下さいね。

投げれない 曲がらないのはなぜ?

①正確な握り方をしていない

野球入門書や人から教わる事が多い握り方ですがプロ野球選手でもそうですが絶対にこれがいいという握り方は無いと思います。

人それぞれ,投げ方(フォーム)が違いますので,指先からボールが離れるまでどのような変化をするのか人によって違うからです。

ですから基本的な投げ方から自分流にこうしたら曲がりが良くなったという事に気づきそれが肩などへの負担になっていなければそれが一番キレのあるカーブだと言う事です。

②バッター相手にカーブを投げれない原因

バッターが立つと自信のないカーブはあんまり投げないという選択をされる人が多いと思いますが,その前に変化球は超一流ですらその日の体調によってキレが違う事もあるので投げてみないと分かりません。

自信がないのはバッターも一緒です。

弱気にならず,カーブを思い切りバッター相手に投げてみましょう。

ここは強い気持ちが投げれるか投げれないか大きく差が出るところです。

実践で試す

練習では上手くいくけど実践ではストライクが入らないなんて事も多いと思います。

だから実践では投げる回数を減らしてしまうのですね。

でもよく考えてみると,それじゃいつまでもキレのあるカーブは投げれないという事になります。

私も小学生の頃はピッチャーをしていました。ですので同じような気持ちになっていました。

でも投げないという選択をしてしまうといつまでも変わらない投球しかできない事に気づくはずです。

そしてピッチャーというポジションを辞めて違うポジションをやろうなんて事も考えてしまうかもしれませんね。

ですから実践で試すという事が非常に重要になってきます。

握り方,フォーム,練習方法ポイント

①握り方

基本的には中指を人差し指と揃えて縫い目に沿ってかけて,対角の縫い目からボールの下側の間辺りを親指で支えてあげます。

注意点 深く握ってしまう回転はかかり難くなる事だけ頭に入れておきましょう。

正直言って握り方は実はこうやった方がもっといいという方法はありますが人それぞれの癖に寄ってはダメな場合もあるのでまずは基本通りの握りで練習していきましょう。


②カーブを投げるための腕,スナップの使い方

基本は腕全体のしなりと手首を縦に使ってボールに回転を与える事がもっとも重要になります。

カーブの軌道とは?

カーブは山なりの軌道から打者の手前で急激に減速し,落ちながらリリースした手から反対方向に曲がっていきます。

腕の使い方:カーブの軌道を意識しつつかぶせる様に腕をしならせる

スナップの使い方:縫い目にかかっている中指でボールを撫でる様な意識

ですから投げる瞬間は親指と中指の間から抜けていくようなイメージで縦の変化を意識して投げるのが基本です。

最適な練習方法

プロ選手がやる練習で目の前に防球ネットを置いて,そのネットを超えてキャッチャーにカーブを投げる練習

この練習で習得できる事:力を抜いてボールを抜く感覚をつかめる

目の前の壁を越えて投球するイメージを作るので家の中で練習をする場合は目の前に障害物を置いて遠くのキャッチャーをイメージして投げるように練習する事もできるので試してもらいたい。

まとめ

練習をし実践で試してみようという思いになりましたでしょうか?

まずは握りの確認をしてみてくださいね。基本の握りから自分流に変えていくようにして,練習では目の前の障害物を超えてキャッチャーに届くような投球を意識して自分流のキレのあるカーブを習得してほしいと思います。

ヌクというイメージも忘れないで下さいね。

そして必ず実践では怖がらずボールでもいい,打たれてもいいと思ってバッターに対して自信を持って投球してほしいと思います。

それが一番成長への近道になりますので,今後もピッチャーとして活躍を続けてほしいと経験した私は常々思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。