簡単!チェンジアップの投げ方のコツ

チェンジアップを投げる事っていろいろな変化球の中でも選択肢としては少ないイメージがあります。

ですが、ストレートの球速との差を付けるのであれば大きな武器になる事は間違いないです。

そんな手法を簡単に実戦に活かせるチェンジアップの投げ方のコツについて紹介していきます。

チェンジアップの効果はあるのか?

やはり投手ですと全力で投げたストレートで三振を奪うという気持ちがどうしても意識にあると思います。

また、チェンジアップを投げると遅いボールだから打たれる心配をされている方もいると思います。

では実際にチェンジアップの効果はどうなのか?によっては球種の一つとして価値があると言えるのではないでしょうか?

もっとも効果的な部分は落差とスピードの違いです。

それはバッターにするとタイミングを合わせるのが非常に難しくなるひとつになります。

なぜか?

例をあげるとストレートが140kmのスピードがあり、チェンジアップが120kmだとすると20kmのスピードの違いになるからです。しかも落差があるのでこれはタイミング崩すに決まってますよね?

体への負担はどうなのか?

実は他の変化球の中でも1番といっていいぐらい肩や肘に負担がありません。

なぜか?

ストレートの投げ方と同じフォームで投げれてボールの握りを変えればいいだけだからです。

これって覚えた方がよくないですか?

バッターに有効的で体への負担がない球種それがチェンジアップなんです。

握り方さえ覚えてしまえば後はちゃんとコースに投げれるかの練習をすれば明日からでも使えますね。

ボールの握り方と狙い目コースについて

握り方は様々ですが一般的にはOKサインを作り握る方法が一般的です。

一般的な握り方

般的な握り方とは違う握り方

極論を言うと自分でフォームを崩さない握り方を練習してみて下さい。

自分が握りやすく投げれる事が1番です。

投げ方について

ストレートと同じフォームで腕の振りも一緒です。

よくチェンジアップは抜くように投げるって聞いた方はそれは間違いで、決して抜くようには意識せずに投げてみて下さい。

ボールを上から被せるように指先を使うのが一番いい方法だと言われています。

これは元メジャーリーガーの吉井投手も言っております。

軌道を知って投げるコースを意識する

軌道はストレートだと思って投げた投球がバッターの手元付近でストンッと落ちるのが理想です。少しシュート気味になるのが特徴です。

投げるコースとしては右バッターの場合は外角の少し高めを狙い、ストライクゾーンにシュート気味に手元でストンッと落とすのが超理想です。

ですので自分の落差と曲がりを知り、どのぐらいのコースに投げればいいかを確認しながら練習するといいでしょう。

まとめ

イメージ出来ましたでしょうか?

実は、変化球というとカーブを最初に練習する人が多いのが現状です。しかしチェンジアップを先に練習した方がいいという結果もあります。

軌道を理解し、コースを狙うということがカーブ同様にあるので握り方を変えるだけで体に負担なく投げれるチェンジアップから覚えた方がよりカーブを覚える際にプラスになるという事です。

何度も言いますが変化球の中で1番簡単に投げれるのはチェンジアップだと言う事です。

それは握り方を変えるだけだから。

ぜひ試してみて下さいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ開始10ヶ月。 リアルに脱サラ計画中で日々奮闘してます。 育児も全力で頑張るパパです。 ✔︎好きな言葉は「本気でやれば,大抵できる」。 ✔︎好きな人は「孫正義」。