硬式野球で通用するツーシームの投げ方とは?

球種の一つであるツーシームですがどうやって投げればいいの?といった方へ硬式野球でも通用するツーシームについて今回は紹介していきたいと思います。

どのような軌道なのか?

投げれるようになるのか?

それが自分の武器になるのか?

など練習方法なども含めて紹介していきます。

ツーシームってそもそも何?

球速が一番速い球種をファストボールといいます。これがツーシームです。

シームとは日本語で縫い目の事です。

メジャーリーグで使用するボールは日本のボールに比べ縫い目が違うので独特な球種になり多少球速が変化するボールの事をいいます。

ですのでどんな変化をするか分からない球種とも言えます。

こんな球種を身に付ければ投手にとっては武器になりますし,バッターは打ちづらいに決まっています。

もちろん日本のボールでも武器にして投球している人はたくさんいるので握り方や練習方法などをひとつひとつ確認していきましょう。

ストレートとの違いを良く理解する

ストレートとツーシームの違いは極端に言うとストレートを変化させた球種なので変化球とは違って自分のストレートが微妙に減速したり,変化する事になります。

もはや魔球です。

ですので使い方としては自分のストレートとツーシームの投球の使い分けを微妙にする事が重要になってきます。

決め球というよりはカウントを取る球種と考えた方がいいかもしれないです。

メジャーリーガーのダルビッシュ投手や田中投手も微妙に変化するツーシームを有効的に使っているそうです。

まずは自分のストレートを磨く事でツーシームの変化も変わってくると思いますので違いに意識をしてやってみるという事です。

投げ方と練習方法のコツ

投げ方の悪い例

・ストレートを投げる投球とは違う投げ方をしている

・親指が下の縫い目にかかっていない

投げ方のいい例

・ストレートを投げる投球と同じフォーム

・人差し指と中指をそろえて親指が下の縫い目にしっかりとかかっている状態

ここでのポイント

人差し指と中指を縫い目に近いところで親指が下の縫い目にかかっている事を確認する

フォームを崩さずストレートを投球をする時と同じフォームを保つ事

自分の魔球を確認する

投球練習で確認をする事が最も正しい練習方法です。

正直投げてみなと人それぞれ変化の仕方が分からないからです。

どのくらい変化があるのか?ストレートと違いがあるのか?などを確認しながらフォームを変えず何回も投球していく。

もうひとつはバッティングピッチャーなどを積極的にしツーシームを試す事でバッターが打ちづらいと思うのであれば有効と思います。

しかし球速が落ちてしまったりフォームが崩れる心配があるのであればとにかく投球練習でしっかり身に付けていきましょう。

まとめ

忘れてはいけないのはストレートのフォーム,腕の振りを意識して個性ある魔球を生み出してほしいと思います。

また,レベルアップをするのであればボールの握り方を少しづつ変えていき真の魔球を見つけてみてください。

あの日本ハムドラフト1位の吉田選手も第二のツーシームを生み出したみたいですのでプロ野球界の活躍が個人的には楽しみです。

ぜひ皆様も参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。